[アプリケーション管理] を使用して、アプリケーションのオブジェクトを選択します。 選択したオブジェクトは階層にグループ化され、アプリケーションの健全性の追跡に役立ちます。

[アプリケーション管理] を確認できる場所

左側のペインの 環境 を選択します。 アプリケーション タブで、プラス記号をクリックします。 アプリケーション テンプレートを選択して、OK をクリックします。

[アプリケーション管理] のオプション

画面の上部に新しいアプリケーション名を入力するか、[アプリケーションの追加] ページからデフォルト名を使用します。 アプリケーション名は一意である必要があります。

名前の下に、階層の行とオブジェクトの行に分かれたページが表示されます。 各行では、左側のペインで選択した内容に従って右側のペインの選択肢が絞り込まれて表示されます。

階層の行では、アプリケーションを監視するためにオブジェクトのデータを取り込む階層を選択します。

表 1. 階層の行

オプション

説明

階層ペイン

オブジェクトを置く階層を選択します。 適用状況に合わせて階層を追加または削除できます。

[階層のオブジェクト] ペイン

共通機能を提供する監視対象のオブジェクトを追加または削除します。 たとえば、アプリケーションのデータベース サーバであるすべての仮想マシンを監視するには、それらをデータベース層に置きます。

オブジェクト行では、階層に追加するオブジェクトを選択します。

表 2. オブジェクト行

オプション

説明

[オブジェクト タグ] ペイン

タグを展開表示して、そのタグ値を持つオブジェクトのグループを表示します。 [アダプタ タイプ] がオブジェクト タグである場合、タグ値には vCenter アダプタが含まれ、1 つのオブジェクトは 1 つのアダプタ インスタンスです。 オブジェクトは表示されません。 タグによってオブジェクト ペインがフィルタリングされます。 タグ値を選択するには、1 回クリックします。 タグ値を選択解除するには、2 回クリックします。 タグ値は、選択解除されるまで選択されたままになります。

オブジェクト ペイン

オブジェクト タグ値を持つオブジェクトをドラッグして、[階層のオブジェクト] ペインに追加します。 オブジェクトを見つけるには、名前で検索します。 リストされる各オブジェクトには、名前が類似するオブジェクトを見分けるのに役立つ識別子情報が含まれています。 すべてのオブジェクトを親に追加 を使用すると、すべてのオブジェクトが階層に追加されます。