カスタム プロファイルは、特定のオブジェクト タイプに対するキャパシティ割り当てとデマンドのユーザー定義のインスタンスです。カスタム プロファイルは、環境のキャパシティ ニーズを予測するために役立ちます。

環境に合うオブジェクトのインスタンス数を決定するには、プロジェクトとシナリオでカスタム プロファイルを使用します。環境で使用できるキャパシティに合わせて、カスタム プロファイルのキャパシティ要件が表すオブジェクトのインスタンスを 1 つ以上追加できます。

仮想マシンなどのオブジェクト タイプのカスタム プロファイルを作成する場合は、プロジェクトを作成して仮想マシン シナリオを追加します。プロジェクト シナリオでは、カスタム プロファイルを選択して、プロジェクト シナリオにオブジェクト タイプのメトリックとキャパシティを生成します。カスタム プロファイルのキャパシティ サイジングを使用して、仮想マシンの親オブジェクトのキャパシティ ニーズを予測します。

親オブジェクトに含めることができるカスタム プロファイル オブジェクトのインスタンス数を決定するには、分析 をクリックし、残りキャパシティをクリックします。カスタム プロファイルは、[残りキャパシティの内訳] 領域の [プロファイル別残りキャパシティ] セクションに表示され、環境に合うオブジェクトのインスタンス数が示されます。