イベントとは、ユーザー アクション、システム アクション、トリガーされたシンプトム、またはオブジェクトで生成されたアラートが原因で、管理対象オブジェクトで発生した変更を反映する vRealize Operations Manager メトリックの変更です。イベント タブを使用して、管理対象のオブジェクトの変更がアラートまたはその他のオブジェクトに関する問題の根本原因になったかどうかを確認するためにイベントの発生と生成されたアラートを比較します。

イベントは、リストされたものだけではなく、どのオブジェクトでも発生する可能性があります。

次の vCenter Server アクティビティは、vRealize Operations Manager イベントを生成するアクティビティの一部です。

  • 仮想マシンのパワーオンまたはパワーオフ

  • 仮想マシンの作成

  • 仮想マシンのゲスト OS への VMware Tools のインストール

  • vCenter Server システムへの新たに構成された ESX/ESXi システムの追加

アラートの定義に応じて、これらのイベントがアラートを生成する場合があります。

vRealize Operations Manager に情報を提供する他のアプリケーションを持つ同じ仮想マシンを監視する場合で、これらのアプリケーションのアダプタが変更イベントを提供するように構成されている場合、イベント タブには監視対象のオブジェクトで発生する特定の変更イベントが含まれます。これらの変更イベントにより、調査している問題の原因をより詳しく考察できます。