アラート定義プロセスには、アラートをトリガーする症状およびアラートの解決に役立つ推奨事項の追加が含まれます。このプロセスで作成するアラート定義は vRealize Operations Manager のアラート定義の概要リストに保存され、構成したポリシーに基づいて環境内でアクティブに評価されます。

アラートの定義ワークスペースの動作

このワークスペースを使用して、アラート定義を作成します。定義、名前、説明、基本オブジェクト、およびアラートの影響を作成します。アラート定義の一部として、症状および推奨事項を作成することも、既存の症状および推奨事項を再利用することもできます。新しい症状および推奨事項を作成する場合は、これらを定義に追加します。これらは、将来使用するために症状および推奨事項のコンテンツ ライブラリに追加されます。

アラートの定義を作成する場所

アラート定義の作成または編集を行うには、左側のペインで内容 > アラートの定義を選択します。[アラートの定義] ツールバーで、プラス記号をクリックして定義を追加するか、鉛筆をクリックして選択した定義を編集します。

アラートの定義ワークスペースのオプション

アラートの定義は名前と説明によって識別されます。定義は、そのアラートについて監視されるターゲット オブジェクト タイプ、アラートが影響を与えるバッジ、アラートをトリガーする症状セット、およびアラートを解決する可能性がある推奨事項で構成されます。