vRealize Operations Manager サポート バンドルには、vRealize Operations Manager の問題を解決する上で役に立つログ ファイルおよび構成ファイルが含まれています。

サポート バンドルの機能

サポート バンドルでは、ノードまたはクラスタ全体、および収集するログ記録のレベルを選択する必要があります。vRealize Operations Manager によってサポート バンドルが作成されたら、ZIP 形式でダウンロードして分析します。

サポート バンドルを確認できる場所

vRealize Operations Manager 管理インターフェイス (https://master-node-name-or-ip-address/admin) にログインします。サポート を選択し、サポート バンドル をクリックします。

サポート バンドルのオプション

これらのオプションには、ツールバーとデータ グリッドのオプションが含まれます。

ツールバー オプションを使用して、項目の追加、ダウンロードまたは削除を行います。

表 1. サポート バンドルのツールバー オプション

オプション

説明

追加

サポート バンドルの作成プロセスをガイドするダイアログ ボックスを開きます。

削除

選択したサポート バンドルを削除します。

ダウンロード

サポート バンドルを ZIP 形式でダウンロードします。

再ロード

サポート バンドルのリストを更新します。

アイテムの詳細を表示するには、データ グリッドのオプションを使用します。

表 2. サポート バンドル データ グリッドのオプション

オプション

説明

バンドル

システムが生成するサポート バンドルの識別子

バンドル タイプ

  • ライト 24 時間分のログを含めます

  • フル 利用可能なすべてのログおよび構成ファイルを含めます

作成日時

サポート バンドルの作成開始時間

ステータス

サポート バンドルの作成の進捗状況