障害とは、仮想マシンの Guest file system out of space、ホスト システムの Host connectivity などのオブジェクトベースのエラー状態のことです。 ポリシーのオブジェクト タイプで障害要素の設定をオンにして構成し、設定をオーバーライドして、選択したオブジェクトで発生する問題の重要度をユーザーの設定に基づいて vRealize Operations Manager が決定して計測できるようにします。

ポリシーの障害要素をオーバーライドする場所

ポリシーの障害分析設定を表示してオーバーライドするには、管理ポリシーポリシー ライブラリ タブの順にクリックします。プラス記号をクリックしてポリシーを追加するか、鉛筆をクリックして選択したポリシーを編集します。[監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースで、分析設定 をクリックし、左側ペインで 1 つまたは複数のオブジェクトを選択します。選択したオブジェクト タイプの障害設定が、右側のペインに表示されます。

障害ポリシー要素を表示し、ポリシーの設定を構成します。

このポリシー要素を構成しないと、選択したベース ポリシーの設定が継承されます。

表 1. [監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースにおけるポリシーの障害要素の設定

オプション

説明

オーバーライド ボタン

ポリシー要素の設定をオーバーライドできます。これにより、ポリシーをカスタマイズして、ユーザーの環境内のオブジェクトを監視することができます。

バッジ スコア症状のしきい値

環境の基準を満たすようにバッジスコアを更新するレベルに、ポリシー要素の症状しきい値を設定します。vRealize Operations Manager は、症状しきい値を使用して [アラートの概要] と [ダッシュボード] のスコアに表示されるアラートをトリガーします。

環境 > オブジェクト > 分析 > 障害 を選択して、選択されたオブジェクトの障害ポリシー設定のバッジ スコア症状のしきい値を表示します。値はオブジェクトに適用されるポリシーで定義されます。