アノマリの内訳ウィジェットでは、選択したシステムの症状の考えられる根本原因を表示します。

アノマリの内訳ウィジェットと構成オプションの動作

アノマリの内訳ウィジェットを 1 つ以上のカスタムダッシュボードに追加して、ダッシュボードユーザーに重要なデータを表示するように設定できます。

アノマリの内訳ウィジェットと構成オプションを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

ウィジェットに表示されるデータは、その構成方法によって決まります。ウィジェットを構成するには、タイトル バーの 編集 アイコンをクリックして設定を構成します。

表 1. アノマリの内訳ウィジェットのオプション

オプション

説明

スコア

バッジ アノマリ値

ボリューム

選択されたオブジェクトの指定された時間範囲内の vRealize Operations Managerフルセット メトリック数。

アノマリ メトリック リスト

指定された時間範囲内で選択されたオブジェクトのアラームのリスト。

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーにある編集アイコンをクリックします。ダッシュボードの作成および構成の詳細については、ダッシュボードの作成と構成を参照してください。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

セルフ プロバイダ

ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。

  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。

  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。

モード

単一または複数のオブジェクトを表示します。

表示

複数モードのときに表示するオブジェクトの数を選択します。

選択したオブジェクト

ウィジェット データの基準となるオブジェクト

このテキスト ボックスは、オブジェクト リストで選択したオブジェクトによって自動で入力されます。

オブジェクト リスト

環境内のオブジェクトのリスト。列を基準に検索またはソートして、ウィジェットに表示されるデータの基になるオブジェクトを特定できます。