agent.properties ファイル内にある、Endpoint Operations Management エージェントと vRealize Operations Manager サーバ間の通信に関係するプロパティは、デフォルトで無効になっています。これらを有効にする必要があります。

手順

  1. agent.properties ファイルで、次のセクションを見つけます。
    ## Use the following to automate agent setup 
    ## using these properties. 
    ## 
    ## If any properties do not have values specified, the setup 
    ## process prompts for their values. 
    ## 
    ## If the value to use during automatic setup is the default, use the string *default* as the value for the option.
  2. 各行の先頭のシャープ記号を削除して、プロパティを有効にします。
    #agent.setup.serverIP=localhost
    #agent.setup.serverSSLPort=443
    #agent.setup.serverLogin=username
    #agent.setup.serverPword=password 
    

    Endpoint Operations Management エージェントを初めて起動したときに、agent.setup.serverPword が無効になっていて、プレーン テキスト値がある場合、エージェントは値を暗号化します。

  3. (オプション) : #agent.setup.serverCertificateThumbprint= 行の先頭のシャープ記号を削除して、サムプリント値を提供して、サーバ証明書の事前承認を有効にします。