vCenter アダプタでは、環境内の仮想マシン オブジェクトでアラートを生成するアラート定義が提供されています。

健全性/シンプトムベース

これらのアラート定義には、次の影響情報とクリティカル度情報があります。

影響

健全性

重要度

シンプトムベース

アラートの定義

症状

推奨

メモリの制限のため、仮想マシンでメモリの圧縮、バルーニング、またはスワップが発生しています。

  • 仮想マシンのメモリの上限が設定されています AND

  • 仮想マシンのメモリ デマンドが構成済みのメモリ制限を超えています AND

  • [ 仮想マシンのメモリは圧縮されています OR

  • 仮想マシンはスワップを使用しています OR

  • 仮想マシンのメモリ バルーン値が警告/緊急/クリティカル レベルです ] AND

  • 推奨される仮想マシンのメモリ サイズ

仮想マシンのメモリの上限を推奨されるメモリ サイズに合わせて増やします。または、仮想マシンのメモリの上限を解除します。

スワップ待ち時間によって仮想マシンの CPU 競合が高くなっています。

仮想マシンの CPU スワップ待ち時間が警告/緊急/クリティカル レベルです。

  1. メモリを増やしてホストをアップグレードします。

  2. vSphere vMotion を使用して、この仮想マシンを別のホストまたはクラスタに移動します。

  3. 仮想マシンにメモリを予約してスワップを回避します。

I/O 待ち時間によって仮想マシンの CPU 競合が発生しています。

仮想マシンの CPU I/O 待ち時間が警告/緊急/クリティカル レベルです。

接続されているデータストアのデータストア I/O キャパシティを増やして、仮想マシンでの CPU I/O 待ち時間を減らします。

仮想マシンに予期しない高い CPU ワークロードがかかっています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンの CPU デマンドが警告/緊急/クリティカル レベルです

  • アノマリが高くなり始めているか、若干高くなっているか、または極めて高くなっています

  1. ゲスト アプリケーションをチェックして、CPU の高いワークロードが想定された動作かどうか判断します。

  2. この仮想マシンの CPU キャパシティを追加します。

仮想マシンに予期しない高いメモリ ワークロードがあります。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンのメモリ ワークロードが警告/緊急/クリティカル レベルです

  • アノマリが高くなり始めているか、若干高くなっているか、または極めて高くなっています

  1. ゲスト アプリケーションをチェックして、メモリの高いワークロードが想定された動作かどうか判断します。

  2. この仮想マシンのメモリを追加します。

仮想マシンにはスワップ待ち時間および長いディスク読み取り遅延によるメモリ競合が発生しています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンの CPU スワップ待ち時間が警告/緊急/クリティカル レベル (5/10/15) です

  • 仮想マシンの

    読み取り遅延が警告レベルです

  • 推奨される仮想マシンのメモリ サイズ

この仮想マシンのメモリを追加します。

仮想マシンでメモリの圧縮、バルーニング、またはスワップによるメモリ競合が発生しています。

  • ! 仮想マシンのメモリの上限が設定されています AND

  • 仮想マシンのメモリ競合が警告/緊急/クリティカル レベルです AND

  • [ 仮想マシンのメモリ バルーン値が警告/緊急/クリティカル レベルです OR

  • 仮想マシンのメモリは圧縮されています OR

  • 仮想マシンはスワップを使用しています ]

  1. この仮想マシンにメモリ予約を追加して、バルーニングとスワップを防止します。

  2. vSphere vMotion を使用して、この仮想マシンを別のホストまたはクラスタに移動します。

仮想マシンに予期しない高いディスク I/O ワークロードが発生しています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンのディスク I/O ワークロードが警告/緊急/クリティカル レベル (80/90/95) です

  • 仮想マシンのディスク I/O ワークロードが動的しきい値を超えています

  1. 仮想マシンで実行されているアプリケーションをチェックして、高いディスク I/O ワークロードが想定された動作かどうか判断します。

  2. vSphere Storage vMotion を使用して、この仮想マシンを IOPS 値の高い別のデータストアに移動します。

仮想マシンでディスク I/O 読み取り遅延の問題が発生しています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンのディスク読み取り遅延が警告/緊急/クリティカル レベルです

  • 仮想マシンのディスク読み取り遅延が動的しきい値を超えています

  • 仮想マシンで低い相互停止が発生しています

  • 仮想マシンの CPU スワップ待ち時間が短くなっています

  1. 仮想マシンに接続されているデータストアでストレージ I/O コントロールを有効にしているかどうかを確認してください。

  2. 仮想マシンに接続されているデータストアの IOPS を増やします。

  3. vSphere Storage vMotion を使用して、この仮想マシンを IOPS 値の高い別のデータストアに移動します。

仮想マシンでディスク I/O 書き込み遅延の問題が発生しています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンのディスク書き込み遅延が警告/緊急/クリティカル レベルです

  • 仮想マシンのディスク書き込み遅延が動的しきい値を超えています

  • 仮想マシンの CPU スワップ待ち時間が短く(3 ミリ秒未満)なっています

  1. データストアに接続されているデータストアでストレージ I/O コントロールを有効にしているかどうかを確認してください。

  2. 仮想マシンに接続されているデータストアの IOPS を増やします。

  3. 仮想マシンに複数のスナップショットが存在する場合は、古いほうのスナップショットを削除します。

  4. vSphere Storage vMotion を使用して、一部の仮想マシンを別のデータストアに移動します。

スナップショットによって仮想マシンのディスク I/O 書き込み遅延の問題が発生しています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンの CPU I/O 待ち時間が警告/緊急/クリティカル レベルです

  • 仮想マシンで少なくとも 1 つのスナップショットが作成されています

  • すべての子データストアで、 [ ! ディスク コマンド遅延が警告レベルです ]

  1. 仮想マシンに複数のスナップショットが存在する場合は、古いほうのスナップショットを削除します。

  2. 複数のスナップショットを 1 つのスナップショットに統合することにより、スナップショットの数を減らします。vSphere Client で、仮想マシンを選択して右クリックし、スナップショット を選択して 統合 をクリックします。

急速で予期しないディスク領域の消費が仮想マシンで発生しています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • ゲスト ファイル システムの全体的なディスク領域使用量が警告/緊急/クリティカル上限 (80/90/95) に到達しています

  • 仮想マシンのディスク領域の残り時間が十分です(60 日超)

  • ゲスト ファイル システムの領域使用量が動的しきい値を超えています

  • ゲスト パーティション ディスク領域の使用量

  1. アプリケーションをチェックし、正しく動作していることを確認します。

  2. 新しいハード ディスクを仮想マシンに追加し、そのディスクを使用するようにゲスト ファイル システム パーティションを構成します。

1 つまたは複数のゲスト ファイル システムの空き領域が不足しています。

1 つまたは複数のゲスト ファイル システムの空き領域が不足しています(障害シンプトム)。

新しいハード ディスクを仮想マシンに追加し、そのディスクを使用するようにゲスト ファイル システム パーティションを構成します。

vSphere HA に、仮想マシンの起動に十分なリソースがありません。

vSphere HA に、仮想マシンの起動に十分なリソースがありません(障害シンプトム)。

  1. 仮想マシンの CPU 予約を設定する場合は、CPU 予約構成を小さくします。

  2. 仮想マシンのメモリ予約が設定されている場合は、メモリ予約構成を小さくします。

  3. クラスタにホストを追加します。

  4. 障害が発生したホストをオンラインに復帰するか、ネットワーク パーティションが存在する場合はそれを解決します。

  5. DRS が手動モードの場合は、保留中の推奨を検索して、vSphere HA フェイルオーバーを続行できるようにそれらを承認します。

仮想マシンの Fault Tolerance の状態が「無効」状態に変化しました。

VM Fault Tolerance が無効な状態に変わりました(障害シンプトム)。

アラートで示されたセカンダリ仮想マシンを有効にします。

vSphere HA がネットワーク隔離された仮想マシンの再起動に失敗しました。

vSphere HA がネットワーク隔離された仮想マシンの再起動に失敗しました(障害シンプトム)。

仮想マシンを手動でパワーオンします。

仮想マシンの Fault Tolerance の状態が「セカンダリが必要」状態に変化しました。

VM Fault Tolerance が「セカンダリが必要」状態に変わりました(障害シンプトム)。

仮想マシンを保護するために Fault Tolerance (FT) が必要な場合は、HA を有効のままにします。

vSphere HA は仮想マシンのフェイルオーバー操作を実行できません

vSphere HA による仮想マシンのフェイルオーバーが失敗しました(障害シンプトム)

  1. ファイルがロックされているというエラー情報が報告される場合は、vSphere HA マスター エージェントが管理ネットワークまたはハートビート データストアを使用して監視できなくなったホスト上で仮想マシンがパワーオンされた可能性があります。

  2. クラスタ外のホスト上のユーザーによって仮想マシンがパワーオンされたことも考えられます。いずれかのホストがオフライン状態だと判断された場合、ネットワークまたはストレージの問題がこの状況の原因となっていないかどうかを判断します。

  3. 仮想マシンが無効な状態であるというエラー情報が報告される場合は、進行中の操作によって仮想マシンのファイルにアクセスできなくなっている可能性があります。完了までに時間がかかるクローン作成操作など、現在進行中の操作がないか判別します。

  4. また、仮想マシンをパワーオンして、返されるエラーを調べてみることもできます。

メモリの制限のため、仮想マシンでメモリの圧縮、バルーニング、またはスワップが発生しています。

  • 仮想マシンのメモリの上限が設定されています

  • 仮想マシンのメモリ デマンドが構成済みのメモリ制限を超えています

  • [ 仮想マシンのメモリは圧縮されています OR

  • 仮想マシンはスワップを使用しています OR

  • 仮想マシンのメモリ バルーン値が警告/緊急/クリティカル レベルです ]

  • 推奨される仮想マシンのメモリ サイズ

仮想マシンのメモリの上限を推奨されるメモリ サイズに合わせて増やします。または、仮想マシンのメモリの上限を解除します。

効率/シンプトムベース

これらのアラート定義には、次の影響情報とクリティカル度情報があります。

影響

効率

クリティカル度

シンプトムベース

アラートの定義

シンプトム

推奨

仮想マシンに大きなディスク スナップショットがあります。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンに大きなディスク スナップショットがあります

  • 節約可能な浪費スナップショット

  • データストア領域使用量が警告/緊急/クリティカル上限に達しています

仮想マシンに複数のスナップショットが存在する場合は、古いほうのスナップショットを削除します。

効率/警告

これらのアラート定義には、次の影響情報とクリティカル度情報があります。

影響

効率

クリティカル度

警告

アラートの定義

シンプトム

推奨

仮想マシンがアイドル状態です。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンがアイドル状態です

  • 仮想マシンにて各 vCPU の準備完了(Ready)が長くなっています

  • ! 仮想マシンがパワーオフ状態です

この仮想マシンをパワーオフし、この仮想マシンが消費していた CPU とメモリを別の仮想マシンが使用できるようにします。

リスク/シンプトムベース

これらのアラート定義には、次の影響情報とクリティカル度情報があります。

影響

リスク

クリティカル度

シンプトムベース

アラートの定義

シンプトム

推奨

相互停止によって仮想マシンの CPU 競合が発生しています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンの CPU I/O 相互停止が警告/緊急/クリティカル レベルです

  • ! 仮想マシンがパワーオフ状態です

  • 仮想マシンから削除する vCPU の数

リストされたシンプトムを確認し、シンプトムで推奨されている数の vCPU を仮想マシンから削除します。

仮想マシンの CPU ワークロードが慢性的に高く、CPU ストレスの原因になっています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンの CPU ストレスが警告/緊急/クリティカル レベルです

  • 追加する vCPU の推奨数

この仮想マシンの CPU キャパシティを追加します。

スナップショットのために、仮想マシンの CPU 相互停止が高くなっています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンの CPU I/O 相互停止が警告/緊急/クリティカル レベルです

  • 仮想マシンで少なくとも 1 つのスナップショットが作成されています

CPU 相互停止 (%CSTP) の高い値を下げ、仮想マシンのパフォーマンスを向上させるには、スナップショットをメインの仮想ディスクに統合します。vSphere Client で、仮想マシンを選択して右クリックし、スナップショット を選択して 統合 をクリックします。統合により、相互停止 (%CSTP) の値が下がるか除去され、仮想マシンのパフォーマンスが向上します。パフォーマンスが十分に向上しない場合は、引き続き、仮想マシンの他の潜在的なパフォーマンスの問題を調べます。VMware KB http://kb.vmware.com/kb/2000058 を参照してください。

仮想マシンのメモリ ワークロードが慢性的に高く、メモリのストレスの原因になっています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンのメモリ ストレスが警告/緊急/クリティカル レベルです

  • 推奨される仮想マシンのメモリ サイズは 0 より大きい

ゲストにメモリを追加します。

仮想マシンは、ディスク領域が不足すると予測されます。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンのディスク領域の残り時間は十分です(60 日以上)

  • ! ゲスト ファイル システムの領域使用量が動的しきい値を超えています

  • ! ゲスト ファイル システムの全体的なディスク領域使用量が警告上限 (85%) に到達しています

  • ゲスト パーティション ディスク領域の使用量

  1. アプリケーション構成をチェックして、仮想マシンのディスク キャパシティが十分であるか判断します。

  2. 新しいハード ディスクを仮想マシンに追加し、そのディスクを使用するようにゲスト ファイル システム パーティションを構成します。

仮想マシンのディスク領域は残りわずかです。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • ゲスト ファイル システムの全体的なディスク領域使用量が警告/緊急/クリティカル上限 (80/90/95) に到達しています

  • 仮想マシンのディスク領域の残り時間は十分です(60 日以上)

  • ! ゲスト ファイル システムの領域使用量が動的しきい値を超えています

  • ゲスト パーティション ディスク領域の使用量

  1. 新しいハード ディスクを仮想マシンに追加し、そのディスクを使用するようにゲスト ファイル システム パーティションを構成します。

  2. ゲスト内のディスク クリーンアップ メカニズムを使用して、ディスク領域を解放します。

仮想マシンが『vSphere 5.5 Hardening Guide』に違反しています。

  • VMCI を使用した無制限の仮想マシン間通信 OR

  • VMsafe CPU/メモリ API ポート番号が構成されています OR

  • Dvfilter ネットワーク API が有効です OR

  • 非準拠の最大 VMX ファイル サイズ OR

  • 仮想マシンの非準拠の最大 VM ログ ファイル サイズ OR

  • デバイス設定の権限のない変更を許可します OR

  • 権限のないデバイスの接続と切断を許可します OR

  • ツールの自動インストールが無効になっていません OR

  • リモート コンソール接続の非準拠の最大数 OR

  • 仮想マシンが物理ホストに関する詳細情報を取得できるようにします OR

  • 仮想マシンの非準拠の最大ログ ファイル数 OR

  • 機能が vSphere で公開されていません: MemsFss が無効になっていません OR

  • VMsafe CPU/メモリ API は有効です OR

  • パラレル ポートが接続されました OR

  • コンソールのドラッグ アンド ドロップ操作が無効になっていません OR

  • コンソールのコピー操作が無効になっていません OR

  • シリアル ポートが接続されました OR

  • 機能が vSphere で公開されていません: 自動ログオンが無効になっていません OR

  • 独立型の読み取り専用ディスクを使用します OR

  • 機能が vSphere で公開されていません: UnityPush が無効になっていません OR

  • 仮想ディスクの圧縮が無効になっていません - diskShrink OR

  • 機能が vSphere で公開されていません: GetCreds が無効になっていません OR

  • CD-ROM が接続されました OR

  • 機能が vSphere で公開されていません: HGFSServerSet が無効になっていません OR

  • コンソールの貼り付け操作が無効になっていません OR

  • 機能が vSphere で公開されていません: BIOSBBS が無効になっていません OR

  • 仮想ディスクの圧縮が無効になっていません - diskWiper OR

  • USB コントローラが接続されました OR

  • 機能が vSphere で公開されていません: 監視制御が無効になっていません OR

  • フロッピー ドライブが接続されています OR

  • 機能が vSphere で公開されていません: LaunchMenu が無効になっていません OR

  • Versionget が無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Toporequest が無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Unity-Interlock が無効になっていません OR

  • 仮想マシンのログが無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Unity が無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Trashfolderstate が無効になっていません OR

  • VGA 専用モードが有効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Trayicon が無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Unity-Taskbar が無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Versionset が無効になっていません OR

  • 仮想マシン コンソールの VNC プロトコルでのアクセスが無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Protocolhandler が無効になっていません OR

  • VIX メッセージが無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Shellaction が無効になっていません OR

  • 3D 機能が無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Unity-Windowcontents が無効になっていません OR

  • vSphere で公開されていない機能: Unity-Unityactive が無効になっていません

vSphere Hardening Guide』のルール違反を『vSphere 5.5 Hardening Guide (XLSX)』での推奨事項に基づいて修正します。

リスク/警告

これらのアラート定義には、次の影響情報とクリティカル度情報があります。

影響

リスク

重要度

警告

アラートの定義

症状

推奨

仮想マシンは構成された制限を超える CPU を要求しています。

シンプトムには次のすべての項目が含まれます。

  • 仮想マシンの CPU リミットが設定されています

  • 仮想マシンの CPU デマンドが構成済みの上限を超えています

  • ! 仮想マシンの CPU デマンドがプロビジョン済みキャパシティを超えています

この仮想マシンの CPU 上限を増やすか、または解除します。