各ポリシーには、症状の定義のパッケージが含まれています。各症状は、プロパティ、メトリック、またはイベントに対する明確なテスト条件を表します。ポリシー内の症状の定義を有効または無効にできます。

ポリシーに含まれる症状の定義の仕組み

vRealize Operations Manager では、有効になっている症状を使用してアラートを生成します。アラート定義で使用された症状が当てはまり、アラートが有効になっている場合、アラートが生成されます。

オブジェクトに症状があるときは、問題が存在するため、その問題を解決するための対策を取る必要があります。アラートが発生すると、vRealize Operations Manager にトリガーとなる症状(これにより環境内のオブジェクトを評価できます)、およびアラートの解決方法に関する推奨が提示されます。

オブジェクトの症状を評価するために、メトリック、スーパー メトリック、プロパティ、メッセージ イベント、および障害について、症状のパッケージをポリシーに含めることができます。ポリシーが適用されるオブジェクトから収集されたデータの評価に使用される基準を決定するための症状を、有効または無効にできます。しきい値、重要度、待機サイクル、およびキャンセル サイクルを上書きすることもできます。

[症状] ペインには、症状の名前、関連付けられた管理パックのアダプタ、オブジェクト タイプ、メトリックまたはプロパティ タイプ、トリガーの定義 (CPU 使用量、症状の状態、トリガー条件など)が表示されます。パッケージ内の特定の症状セットを表示するときは、アダプタ タイプ、オブジェクト タイプ、メトリックまたはプロパティ タイプ、症状の状態を選択できます。

アラートで症状が要求されると、症状の状態は有効になりますが、薄く表示されるため変更できません。要求された症状の状態には、情報アイコンが含まれています。この情報アイコンの上にマウスを置くと、この症状を要求したアラートを特定できます。

ポリシーに含まれる症状の定義を変更できる場所

症状のポリシー パッケージを変更するには、管理ポリシーポリシー ライブラリ タブの順にクリックします。次にプラス記号をクリックしてポリシーを追加するか、鉛筆をクリックしてポリシーを編集します。[監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースの左側で、アラート/シンプトム定義 をクリックします。選択されたオブジェクト タイプに関するアラートの定義および症状の定義がワークスペースに表示されます。

表 1. [監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースの症状の定義

オプション

説明

アクション

1 つ以上のシンプトム定義を選択し、[有効化]、[無効化]、または [継承] を選択してこのポリシーの状態を変更します。

フィルタ オプション

ファイルタイプ および 状態 ドロップダウン メニューでオプションの選択を解除し、シンプトム定義のリストを絞り込みます。

  • 属性が計算されることを示す緑色のチェック アイコン。 有効化。シンプトムの定義が含まれることを示しています。

  • 属性が計算されることを示す緑色のチェック アイコン。 有効化(強制)。依存性に帰因する状態の変化を示しています。

  • 属性が計算されないことを示す赤色の円形アイコン。 無効化。シンプトム定義が含まれないことを示しています。

  • この属性の状態が継承され、計算されることを示す灰色のチェック アイコン。 継承済み。このシンプトム定義の状態が基本ポリシーから継承され、含められることを示しています。

  • この属性の状態が継承され、計算されないことを示す灰色の円形アイコン。 継承済み。このシンプトム定義の状態が基本ポリシーから継承され、含められないことを示しています。

[ファイルタイプ] では、HT および DT メトリック、プロパティ、メッセージ、障害、およびメトリックなどのイベント、およびスマート早期警告に適用するシンプトム定義をリストに表示するかどうかを指定します。

[状態] では、有効化、無効化、および継承されたシンプトム定義をシンプトム定義リストに表示するかどうかを指定します。

オブジェクト タイプ

オブジェクト タイプでシンプトム定義リストをフィルタします。

ページ サイズ

1 ページあたりに一覧表示する症状の定義の数。

フィルタ

症状の定義リストのデータを特定します。

症状定義データ グリッド

オブジェクト タイプの症状の定義に関する情報が表示されます。症状の定義名の上にマウスを置くと、症状の定義のフルネームがツールチップに表示されます。

  • 名前。[内容] 領域で症状の定義リストに定義された症状の定義名。

  • アダプタ。アラートが定義されているデータ ソース タイプ。

  • オブジェクト タイプ。アラートが適用されるオブジェクトのタイプ。

  • タイプ:症状の定義を評価する必要のあるオブジェクト タイプ。

  • トリガー。症状の定義の数、選択したオブジェクト タイプおよびメトリック、症状の定義に割り当てられた数値、症状の重要度、症状の定義に適用される待機サイクルおよびキャンセル サイクルの回数に基づく、静的または動的しきい値。

  • 状態。症状の定義の状態。有効、無効、またはベース ポリシーからの継承です。

  • 条件。しきい値でのアクションを有効にします。[オーバーライド] に設定すると、しきい値を変更できます。それ以外の場合はデフォルトに設定します。

  • しきい値。しきい値を変更するには、[状態] を 有効、[条件] を オーバーライド に設定して、[シンプトムしきい値の上書き] ダイアログボックスに新しいしきい値を設定する必要があります。

このパッケージを構成しないと、選択したベース ポリシーの設定が継承されます。