リソース相互作用ファイルとは、このオプションをサポートするウィジェットに表示するメトリックのカスタム セットのことです。構成されたメトリックおよび選択されたオブジェクト タイプに基づいてサポートされたウィジェットが表示されるように、特定のオブジェクト タイプに対してさまざまなメトリックのセットを定義する 1 つ以上のファイルを構成できます。

始める前に

  • vRealize Operations Managerに対してインストールされたファイルにアクセスし、ファイルを追加するのに必要な権限があることを確認します。

  • 既存の例に基づいて新しいファイルを作成します。例は次の場所にあります。

    • vApp または Linux の場合。XML ファイルは、/usr/lib/vmware-vcops/tomcat-web-app/webapps/vcops-web-ent/WEB-INF/classes/resources/reskndmetrics にある。

このタスクについて

次のウィジェットでリソース相互作用モードをサポートしています。

  • メトリック チャート

  • プロパティ リスト

  • ローリング ビュー グラフ

  • スコアボード

  • スパークライン グラフ

  • トポロジ グラフ

XML ファイルで定義したメトリックのセットを表示するメトリック構成を使用するには、ダッシュボードおよびウィジェットの構成が次の基準を満たしている必要があります。

  • ダッシュボードの ウィジェットの相互作用 オプションが、別のウィジェットがターゲット ウィジェットにオブジェクトを提供するように構成されている。たとえば、オブジェクト リスト ウィジェットでは、チャート ウィジェットにオブジェクト相互作用を提供する。

  • ウィジェットの セルフ プロバイダ オプションが オフ に設定されている。

  • メトリック構成 ドロップダウン メニューのカスタムの XML ファイルが /usr/lib/vmware-vcops/tools/opscli ディレクトリにあり、インポート コマンドを使用して、グローバル記憶領域にインポートされている。

XML ファイルを追加し、後でそれを修正する場合、変更は有効にならない場合があります。

手順

  1. メトリックのセットを定義する XML ファイルを作成します。

    例:

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?> 
    <AdapterKinds>
      <AdapterKind adapterKindKey="VMWARE"> 
        <ResourceKind resourceKindKey="HostSystem">
          <Metric attrkey="sys:host/vim/vmvisor/slp|resourceMemOverhead_latest" />
          <Metric attrkey="cpu|capacity_provisioned" />
          <Metric attrkey="mem|host_contention" />
        </ResourceKind>
      </AdapterKind>
    </AdapterKinds>

    この例では、ホスト システムに対して表示されたデータは指定されたメトリックに基づいています。

  2. vRealize Operations Managerインスタンスのオペレーティング システムに基づいて次のディレクトリのいずれかに XML ファイルを保存します。

    オペレーティング システム

    ファイルの場所

    vApp または Linux

    /usr/lib/vmware-vcops/tools/opscli

  3. インポート コマンドを実行します。

    オペレーティング システム

    ファイルの場所

    vApp または Linux

    ./ops-cli.py file import reskndmetric YourCustomFilename.xml

    ファイルはグローバル記憶領域にインポートされ、サポートされているウィジェットからアクセスできます。

  4. 既存のファイルをアップデートして、ファイルを再インポートする必要がある場合、上記のインポート コマンドに --forceを追加して実行します。

    たとえば、./vcops-cli.py file import reskndmetric YourCustomFilename.xml --forceなど。

次のタスク

XML ファイルがインポートされたことを確認するには、サポートされているウィジェットのいずれかを構成し、その新しいファイルがドロップダウン メニューに表示されることを確認します。