vRealize Operations Manager を使用すると、お客様が提起した問題の解決、お客様が問題をレポートする前に問題を特定するアラートへの対処、そして環境の全体的な監視による問題の発見を実現できます。

お客様がパフォーマンスの問題に直面し、その問題を解決するように指示された場合、vRealize Operations Manager により収集および分析されるデータがグラフィック形式で表示されるため、オブジェクトを比較および対比させて、オブジェクト間の関係を理解し、問題の根本原因を判断することができます。

受動的な管理者ではなく、積極的な管理者として環境を管理するには、アラートを監視してアラートに対応します。生成されたアラートにより、環境のオブジェクトに問題が発生していることが通知されます。お客様から通知される前に、アラートに基づいて問題を解決した場合、サービスを中断せずに済みます。

分析トラブルシューティング詳細、および環境 タブを使用して、アラートを生成する問題または問合せに繋がる問題を調査できます。

問題の根本原因を見つけた場合、アクションを実行することで問題を解決できます。アクションは、vRealize Operations Managerからターゲット システム、たとえば、VMware vCenter Server システムのオブジェクトに変更を加えます。