エージェント プロセスは、構成可能な 2 つのポート 127.0.0.1:2144 および 127.0.0.1:32000 でコマンドをリッスンします。これらのポートは任意に割り当て可能であるため、正確なポート番号は異なることがあります。エージェントは、外部インターフェイス上のポートを開きません。

表 1. 最低限必要なポート

ポート

プロトコル

方向

コメント

443

TCP

発信

HTTP、TCP、または ICMP での発信接続のためにエージェントによって使用されます。

2144

TCP

リッスン

内部専用。構成可能。エージェントと、それをロードおよび構成するコマンド ラインの間のプロセス間通信に使用されます。エージェント プロセスはこのポート上でリッスンします。

注:

ポート番号は任意に割り当てることができ、異なる場合があります。

32000

TCP

リッスン

内部専用。構成可能。エージェントと、それをロードおよび構成するコマンド ラインの間のプロセス間通信に使用されます。エージェント プロセスはこのポート上でリッスンします。

注:

ポート番号は任意に割り当てることができ、異なる場合があります。