ヒート マップ ウィジェット には、選択したタグ値のオブジェクトについて、選択した 2 つの属性の現在の値を示すグラフィカル インジケータが含まれています。ほとんどの場合、健全性やアクティブなアノマリ数など、オブジェクトの一般的な動作を示す内部生成の属性からしか選択できません。単一のオブジェクトを選択した場合は、そのオブジェクトの任意のメトリックを選択できます。

ヒート マップ ウィジェットの仕組み

ヒート マップ ウィジェットは、1 つまたは複数のカスタム ダッシュボードに追加でき、ダッシュボード ユーザーにとって重要なデータを表示するように構成できます。

ヒート マップ ウィジェットには、一般モードとインスタンス モードがあります。一般モードは、選択した各リソースについて色分けされた長方形を表示します。インスタンス モードでは、それぞれの長方形は、あるオブジェクトについて選択したメトリックの単一のインスタンスを表します。

タグのタイプに応じて長方形をグループ化し、使用する色の範囲を選択することができます。デフォルトでは、値の範囲中で、緑色が低い値を示し、赤色が高い値を示します。高低それぞれの値を任意の色に変更し、範囲の中間点に使用する色を設定できます。色の範囲の端に使用する値を自分で設定したり、属性の値の範囲に基づいて vRealize Operations Managerに色を定義したりすることもできます。

あるオブジェクトの長方形をポイントすると、ウィジェットには、そのリソースの名前、グループ化の値、および追跡対象の 2 つの属性の現在の値が表示されます。

ヒート マップ ウィジェットを、メトリック チャート ウィジェットなど、他のウィジェットへのプロバイダとして構成する場合は、長方形をダブルクリックしてそのウィジェットのためのオブジェクトを選択できます。ウィジェットがメトリック モードの場合、長方形をダブルクリックすると、そのメトリックに関連付けられたリソースが選択され、そのリソースが受信側のウィジェットに提供されます。

システムの数千あるリソースのうちから関連するデータのみを取得するために、同様の特性を持つあまり重要でないリソースをグループにロールアップできます。このロールアップによって、パフォーマンスが向上し、メモリ使用量が減少します。

ロールアップ ボックスには、平均色とすべてのリソースの合計サイズが含まれます。ロールアップ ボックスでズームすることにより、すべてのリソースを表示できます。

ダッシュボードに追加後にヒート マップ ウィジェットを編集します。オプションに対して行った変更により、個々のオブジェクト、オブジェクトのカスタム グループ、または環境内のすべてのオブジェクトに関する情報を提供するカスタム ウィジェットが作成されます。

ヒート マップ ウィジェットを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

ウィジェットに表示されるデータは、その構成方法によって決まります。ウィジェットを構成するには、タイトル バーの 編集 アイコンをクリックして設定を構成します。

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックします。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

構成

保存したヒート マップ構成オプションのリスト。新しい構成を作成し、リストに保存できます。右のオプションから、構成の削除、クローン作成、順序の変更もできます。

名前

ウィジェットの名前。

グループ化

ヒート マップにおけるオブジェクトの第 1 レベルのグループ化。

次の基準

ヒート マップ内でのオブジェクトの第 2 レベルのグループ化。

関係のグループ化

[次でグループ化] と [さらに次でグループ分け] のオブジェクトを選択した後で、関係のグループ化 チェックボックスを選択すると、オブジェクトがグループに整理され、[次でグループ化] テキスト ボックスで選択したオブジェクトと [さらに次でグループ分け] テキスト ボックスのオブジェクトが関連付けられます。

モード

一般モード

ウィジェットには、選択したリソースについて色分けされた長方形が表示されます。長方形のサイズは、選択した 1 つの属性の値を示します。長方形の色は、選択した別の属性の値を示します。

インスタンス モード

それぞれの長方形は、あるリソースについて選択したメトリックの単一のインスタンスを表します。1 つのリソースが、同じメトリックの複数のインスタンスを持つことができます。長方形の大きさはすべて同じです。長方形の色は、インスタンスの値に基づいて変化します。単一のリソース種別を選択した場合にのみ、インスタンス モードを使用できます。

オブジェクト タイプ

ウィジェット データの基準となるオブジェクト

サイズ分け

各リソースの長方形のサイズを設定する属性。

[サイズ分け] 属性の値が大きいリソースは、ウィジェット画面のより大きな面積を占めることになります。固定サイズの長方形を選択することもできます。ほとんどの場合、属性リストにはvRealize Operations Managerが生成するメトリックのみが含まれます。リソース種別を選択する場合、リストには、そのリソース種別について定義された属性がすべて表示されます。

色分け

各リソースの長方形の色を設定する属性。

カラー範囲を高、中、低の値で示します。各カラーを設定し、最小値 および 最大値 テキスト ボックスに最小のカラー値および最大のカラー値を入力できます。

このテキスト ボックスを空白のままにしておくと、vRealize Operations Managerは、色分け メトリックの最高値と最低値を端の色にマッピングします。最小値または最大値を指定すると、その値以上のメトリックは端の色で表示されます。

フィルタ

ウィジェットは、フィルタ条件に一致する情報だけを表示します。