グループは、環境内の任意の数およびタイプのオブジェクトを含めることができるコンテナです。 vRealize Operations Manager は、グループ内のオブジェクトからデータを収集し、ダッシュボード内の結果とユーザーが定義したビューを表示します。

グループの仕組み

グループは、vRealize Operations Manager によってインストールされるかアダプタによって作成されます。またはユーザーが作成します。 グループ基準に基づいて、グループを使用して環境を編成し、グループ内のすべてのオブジェクトを一緒に監視できます。 また、グループにポリシーを割り当てて、グループのメンバーシップを動的にすることもできます。

たとえば、vSphere ホストのセットがあり、ホストがメンテナンス モードになってもアラートを生成しないようにする場合は、それらの vSphere ホストを 1 つのグループにまとめ、メンテナンスのスケジュール設定が含まれたポリシーを割り当てることができます。 メンテナンスの期間、vRealize Operations Manager はそれらのオブジェクトに対するメトリックを無視し、アラートを生成しなくなります。 メンテナンス期間が終了すると、vRealize Operations Manager はオブジェクトの監視を再開し、機能停止が発生するとアラートを生成します。

[グループ] を確認できる場所

[グループ] にアクセスするには、ナビゲーション ペインの 環境 をクリックします。

[グループ] のオプション

プラス記号をクリックしてグループを追加します。 ユーザーが作成したグループのみを編集、クローン作成、または削除できます。 vRealize Operations Manager を使用して、またはアダプタによってインストールされたグループを変更することはできません。

グループ データ グリッドに、各グループの状態の概要が表示されます。

表 1. グループ データ グリッドのオプション

オプション

説明

名前

グループ名を選択すると、そのグループの概要が表示されます。 名前の右側を選択して、グループを編集、クローン作成、または削除します。

概要

グループの健全性、リスク、および効率の重要度。 赤色、オレンジ色、または黄色の重要度のグループをクリックすると、グループ内のオブジェクトに関する潜在的な問題についての詳細を取得できます。