他のオブジェクト タブに関連付けられた サマリ タブには、選択したオブジェクトの健全性、リスクおよび効率アラート バッジの概要、現在の状態に導いたトップ アラートが表示されます。さらに、選択したオブジェクトの子孫のトップ アラートも現在のナビゲーション階層に表示されます。

このタブをオブジェクト、オブジェクト グループまたはアプリケーションのアラートの概要として使用して、アラートがオブジェクトに及ぼす影響を評価したり、問題のトラブルシューティングを開始できます。

[サマリ] タブのアラート タイプ

健全性、リスクおよび効率バッジの状態は、選択したオブジェクトに対して生成されたアラートの数量および重要度に応じます。

  • 健全性アラートは、環境の健全性に影響するため即座の対応を必要とする問題を示し、顧客への影響を防ぎます。

  • リスク アラートは、緊急の脅威ではないが、近い将来に対処すべき問題を示します。

  • 効率アラートは、パフォーマンスを向上したり、リソースを解放できる箇所を示します。

オブジェクトまたはオブジェクト グループの [サマリ] タブ

単一のオブジェクトで作業する場合、トップ アラートはオブジェクトに対して生成されたアラートで、子孫のアラートは現在選択しているナビゲーション階層における子またはその他の子孫に対して生成されたアラートです。たとえば、vSphere ホストおよびクラスタのホスト オブジェクトで作業をしている場合、子孫には仮想マシンやデータストアが含まれます。

ホストなどの 1 つのオブジェクト タイプ、またはホスト、仮想マシンおよびデータストアなど複数のオブジェクトタイプを含むことのできるオブジェクト グループで作業をしている場合、グループ メンバー オブジェクトはすべてグループ コンテナの子孫です。メンバー オブジェクトに対して生成される最も重要なアラートは子孫のトップ アラートとして表示されます。

オブジェクト グループの場合、生成される可能性のあるトップ アラートは事前に定義されたグループ ポピュレーション アラートのみです。グループ ポピュレーション アラートではすべてのグループ メンバーの健全性が考慮され、このアラートは平均の健全性が警告、緊急または重大のしきい値を超えるとトリガされます。グループ ポピュレーション アラートが生成されると、バッチのスコアと色がそのアラートによって影響を受けます。グループ ポピュレーション アラートが生成されない場合、バッチの色は緑です。この動作は、オブジェクト グループが他のグループのコンテナであるため発生します。

[サマリ] タブおよび関連階層

サマリ タブでオブジェクトに対して表示されるアラートは、左側のペインにある関連階層で現在選択している階層によって異なります。

オブジェクトの サマリ タブには、選択した階層に応じて異なるアラートおよび関係が表示されます。現在フォーカスのあるオブジェクトが中央のペインのタイトル バーに表示されますが、子孫のアラートは左上のペインにある関連階層リストで強調表示された階層によって定義される関係に依存します。たとえば、vSphere ホストおよびクラスタ階層の仮想マシンに関連するホスト オブジェクトで作業を行う場合、通常、子孫には仮想マシンおよびデータストアが含まれます。その一方で、オブジェクト グループのメンバーとして同一ホストで作業を行う場合、そのグループのメンバーでもある仮想マシンに関するアラートは表示されません。これは、それらのホストおよび仮想マシンはグループの子であり、お互いにピアであると考慮されるためです。この例では、サマリ タブのフォーカスは、vSphere ホストおよびクラスタではなく、グループのホストです。

[サマリ] タブの評価方法

サマリ タブで次の方法の 1 つ以上を使用して、 オブジェクトの状態の評価を開始できます。

  • オブジェクトまたはオブジェクト グループを選択し、サマリ タブでアラートをクリックして、アラートが示す問題を解決します。

  • オブジェクトを選択し、他のタブで提供される現在のオブジェクトの情報を調べます。たとえば、まず最初に サマリ タブでオブジェクトを選択し、生成されたアラートを 分析 タブのオブジェクトに関する分析情報を比較します。

  • オブジェクトを選択し、サマリ タブでアラートを確認します。次に他のオブジェクトを選択し、異なるオブジェクトに対して生成されたアラートのボリュームとタイプを比較します。