会計部門の仮想マシンの CPU を監視し、その仮想マシンが動作するホストのホスト メモリを監視するアラートを作成するには、まずそのアラートについて記述することから始めます。

このタスクについて

アラート定義に名前を付け、アラートの影響情報を定義するときには、そのアラートに関する情報を vRealize Operations Manager で表示する方法を指定します。基本オブジェクトは、アラート定義の作成のベースになるものです。症状は、基本オブジェクトと関連オブジェクトについて定義できます。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、内容 アイコンをクリックします。
  2. アラートの定義 をクリックします。
  3. プラス記号をクリックして定義を追加します。
  4. 名前と説明を入力します。

    このシナリオでは、問題の概要が一目で分かるように、アラート名として Acct VM CPU early warning と入力します。説明は、詳細な概要になりますので、できるだけ有用な情報を含めてください。アラートが生成されると、この名前と説明がアラート リストと通知に表示されます。

  5. 基本オブジェクト タイプ をクリックします。
  6. ドロップダウン メニューから、vCenter アダプタ を展開し、ホスト システム を選択します。

    会計部門で使用されている仮想マシン上の CPU 過負荷の可能性を早期警告する目的でアラートが必要とされているため、このアラートはホスト システムに基づいています。ホスト システムを基本オブジェクト タイプとして使用することにより、各仮想マシンのアラートに応答するのではなく、バルク アクションによって仮想マシンのアラート症状に応答することができます。

  7. アラートの影響 をクリックし、このアラート定義のメタデータを構成します。
    1. 影響 ドロップダウン メニューから、リスク を選択します。

      このアラートは、潜在的な問題を示し、近い将来に注意が必要になります。

    2. 重要度 ドロップダウン メニューから、緊急 を選択します。

      将来的な問題であることを示すリスク アラートについては、高い重要度を付与し、適切な処理が施されるようにランク付けできます。早期警告として設計されているため、この構成には組み込みバッファが含まれており、リスク アラートは重大リスクではなく緊急リスクとされます。

    3. アラート タイプとアラート サブタイプ ドロップダウン メニューから、仮想化/ハイパーバイザー を展開し、パフォーマンス 選択します。
    4. 症状が true になった後の最初の収集サイクル中にアラートが生成されるようにするには、待機サイクル1 に設定します。
    5. 症状がトリガーされなくなったらすぐにアラートが削除されるようにするには、キャンセル サイクル1 に設定します。

      症状が true でなくなると、アラートは次の収集サイクルでキャンセルされます。

    これらのアラートの影響オプションにより、生成されるときにアラートを識別して優先順位付けすることができます。

タスクの結果

アラートの定義は、名前と説明を入力し、ホスト システムを基本オブジェクト タイプとして選択し、アラートの生成時に表示されるデータを定義することから開始しました。

次のタスク

続いて、ワークスペースでアラート定義に症状を追加します。アラート定義への仮想マシンの CPU 使用量症状の追加 を参照してください。