ユーザーの環境設定を構成して、vRealize Operations Manager の表示オプション(画面や健全性チャートの色、表示するメトリックやグループの数、およびシステム時刻をホスト マシンと同期するかどうかなど)を決定します。

ユーザーの環境設定を構成するには、一番上のツールバーで、管理 をクリックし、ユーザーの環境設定 をクリックします。ダイアログ ボックスにユーザーの環境設定が表示されます。

表 1. ユーザーの環境設定

オプション

説明

表示

配色、更新、および表示するメトリックや根本原因グループの数を構成します。

  • 配色。表示を [明るい] または [暗い] に設定します。

  • 表示する重要なメトリック数。表示するメトリックの数を設定します。

  • 表示する根本原因グループの数。表示する根本原因グループの数を設定します。

  • フォントレポート用のフォントを選択します。

時刻

vRealize Operations Manager インスタンスに使用する時刻を同期し、vRealize Operations Manager がホスト マシンと通信するときに、更新された時刻を表示します。

  • ブラウザの時刻。ユーザー インターフェイスに表示されるすべての日付と時刻で、ローカル ブラウザのタイム ゾーン設定が使用されます。

  • ホストの時刻。ユーザー インターフェイスに表示されるすべての日付と時刻で、ホスト マシンのタイム ゾーンが使用されます。

  • アプリケーションのヘッダに更新時刻を表示します。vRealize Operations Manager ユーザー インターフェイスのトップ レベル ヘッダに更新された時刻が表示されます。更新されたタイムスタンプが更新ボタンの左側に表示されます。ダッシュボードなどの他の機能では、更新された時刻を使用して、特定の間隔でデータが表示されます。

アカウント

ユーザー アカウントのパスワードを変更します。