推奨事項は、アラートによって示された問題を修正する方法を特定できます。これらの推奨事項の一部を、vRealize Operations Manager インスタンスで定義されているアクションに関連付けることができます。推奨事項がそのアラートで優先順位が最も高いものである場合は、アラートに対する複数の修正アクションを自動化できます。

実行可能なアラートはポリシーで有効にします。デフォルトでは、自動化はポリシーで無効化されています。ポリシーで自動化を構成するには、自動化 > ポリシー > ポリシー ライブラリ を選択します。次に、ポリシーを編集し、アラート/シンプトム定義 ワークスペースにアクセスし、[アラートの定義] ペインの 自動化 設定で ローカル を選択します。

アクションが自動化されている場合は、管理 > 最近のタスク自動化 列と アラート 列を使用して、自動化アクションを特定し、そのアクションの結果を確認できます。

  • vRealize Operations ManagerautomationAdmin ユーザー アカウントを使用して、自動化アクションをトリガします。アラートによってトリガされるこれらの自動化アクションでは、[送信者] 列に automationAdmin ユーザーが表示されます。

  • [アラート] 列にはそのアクションをトリガしたアラートが表示されます。推奨事項に関連付けられているアラートがトリガされると、ユーザーによる操作なしにアクションがトリガされます。

次のアクションは自動化に対応しています。

  • パワーオフ状態の仮想マシンの削除

  • アイドル状態の仮想マシンの削除

  • 仮想マシンの移動

  • 仮想マシンのパワーオフ

  • 仮想マシンのパワーオン

  • 仮想マシン用 CPU 数およびメモリの設定

  • パワーオフ可の仮想マシンの CPU 数とメモリの設定

  • 仮想マシン用 CPU 数の設定

  • パワーオフ可の仮想マシンの CPU 数の設定

  • 仮想マシン用 CPU リソースの設定

  • 仮想マシン用メモリの設定

  • パワーオフ可の仮想マシンのメモリの設定

  • 仮想マシン用メモリ リソースの設定

  • 仮想マシンのゲスト OS のシャットダウン

アクションの自動化に必要なロール

アクションを自動化するには、ロールに次の権限が必要です。

  • 管理 > ポリシー管理 でポリシーを作成、編集、インポートします。

  • コンテンツ > アラート定義管理 でアラート定義を作成、クローン作成、編集、インポートします。

  • コンテンツ > 推奨事項管理 で推奨事項定義を作成、編集、インポートします。

重要:

アクションをアラートおよび推奨事項定義とは別に実行する場合に使用する権限を設定します。アラート、推奨事項、およびポリシーを変更できるユーザーであれば、アクションを実行する権限がない場合でも、アクションを自動化することもできます。

たとえば、仮想マシンのパワーオフ アクションにアクセスできないが、アラートと推奨事項を作成および変更できる場合は、仮想マシンのパワーオフ アクションを表示し、そのアクションをアラートの推奨事項に割り当てることができます。その後、アクションをポリシーで自動化すると、vRealize Operations Manager で、automationAdmin ユーザーを使用してアクションが実行されます。

自動化に対応するアクションの例

仮想マシンの CPU ワークロードが慢性的に高く、CPU ストレスの原因になっています」という名前のアラート定義では、「仮想マシン用 CPU 数の設定」という名前のアクションを自動化できます。

仮想マシンの CPU ストレスがクリティカル、緊急、または警告のレベルを超えている場合、そのアラートはユーザーによる操作なしに推奨アクションをトリガします。