環境の健全性を確認したい場合で、分析を実行するために適切なメトリックが見つからないときは、スーパー メトリックを作成します。

手順

  1. 内容 > スーパー メトリックを選択し、追加 アイコンをクリックします。
  2. 名前 テキスト ボックスに、SM-AvgVMCPUUsage% のような、意味のあるスーパー メトリックの名前を入力します。
  3. スーパー メトリックの数式を定義します。

    使用する各関数や演算子を選択し、さらに各関数や演算子で使用するメトリックや属性のタイプを選択します。たとえば、すべての仮想マシンの平均 CPU 使用率を取り込むスーパー メトリックを追加するには、次のタスクを実行します。

    1. 関数については、avg を選択します。
    2. 演算子 テキスト ボックスで、左丸かっこを選択してから、右丸かっこを選択します。2 つのかっこの間をクリックして、数式にカーソルを置きます。
    3. オブジェクト タイプ ペインの [アダプタ タイプ] テキスト ボックスで、vCenter アダプタ を選択します。
    4. このオブジェクト アイコンをクリックし、オブジェクト タイプのリストから、仮想マシン を選択します。

      このオブジェクト アイコンが選択されていない場合、スーパー メトリック関数で長い説明のオブジェクトが表示されます。

    5. 属性タイプ ペインで、CPU カテゴリを展開し、スクロール ダウンして 使用率 (%) メトリックをダブルクリックします。

    数式が数学関数として表示されます。この数式をテキスト形式で表示するには、数式説明の表示 アイコンをクリックします。数式の構文が誤っている場合は、エラー メッセージが表示されます。この数式の最後は depth=1 です。depth=1 で、関係チェーンにおいて仮想マシンの 1 つ上のレベルのオブジェクト タイプにスーパー メトリックを割り当て、スーパー メトリックがオブジェクト タイプのメトリックとして表示されるようにします。depth=2 によって、2 レベル上の仮想マシンであるオブジェクト タイプ(たとえばクラスタ)にスーパー メトリックを割り当てます。

  4. depth=1 のオブジェクト タイプにスーパー メトリックを割り当てるには、1 ではなく 2 を入力して、depth=2 を表示します。
  5. スーパー メトリックの数式が正しく作成されたことを確認します。
    1. スーパーメトリックの可視化 アイコンをクリックします。
    2. [オブジェクト] ペインで、リストされたオブジェクトのいずれかをダブルクリックします。

      メトリック グラフが表示され、オブジェクトに対して収集されたメトリックの値が示されます。グラフに時間の経過に伴う値が表示されていることを確認します。

  6. 保存 をクリックします。
  7. スーパー メトリックをオブジェクト タイプに割り当て、vRealize Operations Managerがターゲット オブジェクトのスーパー メトリックを計算して、そのオブジェクト タイプのメトリックとして表示するようにします。
    1. スーパー メトリック ワークスペースで、スーパー メトリックを選択します。
    2. オブジェクト タイプ タブで、追加 アイコンをクリックします。
    3. [オブジェクト タイプの選択] テキスト ボックスで、必要なオブジェクトを選択します。たとえば、[vCenter アダプタ] の下でホスト システムに対するスーパー メトリックを作成した場合は、vCenter アダプタ を展開し、ホスト システムを選択します。
    4. 選択 をクリックします。

      1 回の収集サイクルの完了後、指定したオブジェクト タイプの各オブジェクトについてスーパー メトリックが表示されます。たとえば、すべての仮想マシンの平均 CPU 使用率を計算するスーパー メトリックを定義し、このスーパー メトリックをホスト システムのオブジェクト タイプに割り当てた場合などです。1 回の収集サイクルが完了すると、このスーパー メトリックが各ホストのスーパー メトリックとして表示されます。

次のタスク

ポリシー > ポリシーの編集 > 属性 ワークスペースで、ユーザーは各スーパー メトリックを選択して、有効にする必要があります。カスタム ポリシーを参照してください。スーパー メトリックがデータの収集と処理を開始するために、少なくとも 1 つ収集サイクルの間待機します。次に、すべてのメトリック タブでスーパー メトリックを確認します。