管理ユーザー インターフェイスでのトラブルシューティングのため、製品には確認のための参照や読み込みができる vRealize Operations Manager ログ ファイルの展開可能なツリーがあります。

vRealize Operations Manager ログの仕組み

vRealize Operations Manager ログは、クラスタ ノード、機能領域、またはログ タイプによって分類されます。

vRealize Operations Manager ログを確認できる場所

  1. vRealize Operations Manager 管理インターフェイス (https://master-node-name-or-ip-address/admin) にログインします。

  2. サポート を選択します。

  3. ログ をクリックします。

ログ ビューアのオプション

アイテムのツリーおよびビューアを制御するには、ツールバー オプションを使用します。

表 1. ログ ビューアのツールバー オプション

オプション

説明

開始行

表示するファイルの開始行を指定します。

0 が先頭行です。-1 または値なしの場合は、ファイルは末尾から表示されます。

行数

ファイルの表示行数を指定します。

例:

必要なテキストの先頭の 10 行を表示する場合、行数を 10 にし、開始行を 0 に指定します。

ワードラップ

このオプションを選択した場合、画面に収まらない行の部分が次の行に送られます。このオプションを選択しない場合は、すべての行が表示されるようにスクロール バーが現れます。