障害ウィジェットには、オブジェクトで発生した障害に関する詳細情報が表示されます。

フォールト スコアは、オブジェクトに見られる問題の程度を示します。NIC または HBA の冗長性の損失、メモリ チェックサム エラー、HA フェイルオーバーの問題、CIM イベントなどのイベントが含まれます。

障害ウィジェットの構成オプションは、ダッシュボードに追加されるウィジェットの各インスタンスをカスタマイズするために使用します。

障害ウィジェットを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

ウィジェットに表示されるデータは、その構成方法によって決まります。ウィジェットを構成するには、タイトル バーの 編集 アイコンをクリックして設定を構成します。

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックします。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

セルフ プロバイダ

ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。

  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。

  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。

選択したオブジェクト

ウィジェット データの基準となるオブジェクト

このテキスト ボックスは、オブジェクト リストで選択したオブジェクトによって自動で入力されます。

オブジェクト リスト

環境内のオブジェクトのリスト。列を基準に検索またはソートして、ウィジェットに表示されるデータの基になるオブジェクトを特定できます。