環境内のワークロードが不均衡になっている場合、オブジェクト間でワークロードを移動して、全体的なワークロードをリバランスすることができます。リバランス アクション用のコンテナは、データ センターまたはカスタム データ センターであり、移動されるオブジェクトは、アクションで提供される推奨リスト内の仮想マシンです。

クラスタで DRS を有効にする必要がある場合

[アクション] ドロップダウン メニューに [コンテナのリバランス] アクションが表示されるには、vCenter Server インスタンスに、DRS 対応チェックに合格しているクラスタが存在する必要があります。

カスタム データ センターまたはデータ センターからコンテナのリバランス アクションと、それに関連するアラートを取得するには、以下が必要になります。

  • vCenter Server インスタンスで有効になっているアクションを使用して構成された vCenter アダプタ

  • DRS 対応であるクラスタを少なくとも 1 つ含む vCenter Server インスタンス

クラスタで DRS が全自動化されていない場合、コンテナのリバランス アクションを実行すると、選択されたコンテナの下にあるクラスタの 1 つ以上で、DRS が全自動に設定されていないことが通知されます。

環境で [コンテナのリバランス] アクションを使用可能にするには、DRS を追加する必要があります。その後、1 回の収集サイクルの後に [コンテナのリバランス] アクションが表示されます。

コンテナ内のすべてのオブジェクトにアクセスできる必要がある

クラスタ、データセンター、カスタム データセンター内のすべてのオブジェクトにアクセスできる場合は、[コンテナのリバランス] アクションを実行して、仮想マシンを他のクラスタに移動できます。コンテナ内のすべてのオブジェクトにアクセスできるわけではない場合、[コンテナのリバランス] アクションは利用できません。

[コンテナのリバランス] アクションの仕組み

環境内のあるデータ センターのワークロードが高く、同じ環境内の別のデータ センターのワークロードが低い場合は、[コンテナのリバランス] アクションを使用して、それらのオブジェクトにわたってワークロードのバランスを調整できます。たとえば、あるデータ センターのホストの CPU デマンドがその使用可能な CPU キャパシティを超えている場合、そのホストでクリティカルなストレスが発生します。ストレスの原因を特定するには、CPU デマンドを監視します。各ホストで CPU デマンドが高い仮想マシンと低い仮想マシンがある可能性があります。

[コンテナのリバランス] アクションを使用すると、アクションで提供される推奨リスト内の影響を受けるすべてのオブジェクトが移動されて、ワークロードのバランスが調整されます。ワークロードまたはストレスの問題を解決するために、オブジェクトのセット全体に対してアクションを実行したくない場合は、仮想マシンの移動アクションを使用して個々のオブジェクトを移動できます。

重要:

vApp のメンバーである仮想マシンを移動しないでください。vApp が機能しなくなることがあります。仮想マシンにアフィニティ ルールを追加してグループ化し、仮想マシンの移動およびコンテナのリバランス アクションからその仮想マシンが除外されるようにします。

ワークロードが不均衡になっている場合、データ センターやカスタム データ センターで次のアラートがトリガされる可能性があります。これらのアラートは、ポリシーにおいてデフォルトで無効になっています。

  • カスタム データセンターのワークロードが不均衡になっています

  • データセンターのワークロードが不均衡になっています

データ センターまたはカスタム データ センターのホストのワークロードが大幅に異なる場合は、ホーム > アラート をクリックし、アラートがトリガされたかどうかを確認します。たとえば、カスタム データ センターでアラートがトリガされたかどうかを確認するには、カスタム データ センターのワークロードが不均衡になっています という名前のアラートをチェックします。そのアラートをクリックしてアラートの原因を確認でき、サマリ タブで不均衡の問題のソースを特定できます。

ワークロードをリバランスできるように、移動するオブジェクトに関する推奨事項を表示するには、サマリ タブの コンテナのリバランス アクションをクリックします。その推奨では、1 つまたは複数の仮想マシンを別のホストに移動するように示されます。OK をクリックすると、最近のタスク 内のアクションのステータスを追跡するためのリンクがポップアップ メッセージに表示されます。

アクションを実行すると、推奨事項で特定された仮想マシンが、ワークロードまたはストレスが低いホスト マシンに移動されます。管理 > 最近のタスク のリストでアクションのステータスを確認できます。vSphere Web Client を使用して、アクションのステータスおよびホストのパフォーマンスを確認することもできます。

アクションが実行され、vRealize Operations Manager で収集サイクルが複数回実行された後に、データ センターまたはカスタム データ センター上のワークロードを表示して、ワークロードがリバランスされていて、アラートがトリガされなくなっていることを確認できます。

1 つ以上のホストでワークロードがどのように変化したかを確認するには、ナビゲーション ツリーでホストをクリックします。分析 > ストレス をクリックすると、ストレス スコア、内訳、ホスト上のワークロードが表示されます。分析 > 残りキャパシティ をクリックすると、ホストに残っているキャパシティを確認できます。

このアクションを実行する場所

データ センターまたはカスタム データ センターで [アクション] メニューから [コンテナのリバランス] アクションを実行したり、アラートでそのアクションを推奨アクションとして表示できます。

サポートされるオブジェクトおよびオブジェクト レベルに対し、このアクションは vRealize Operations Managerの次の場所で使用可能です。

  • 一番上のツールバーの アクション メニューで、ホーム をクリックする。

  • ツールバーの 環境 をクリックしてオブジェクトを選択し、詳細 タブをクリックし、ビュー をクリックして、タイプ リストのビューを選択する。

  • ツールバーの 環境 をクリックしてオブジェクトを選択し、環境 タブをクリックして、リスト ビューのオブジェクトを選択する。

  • インベントリ エクスプローラ リストの 管理 をクリックし、インベントリ エクスプローラ をクリックして、リスト タブをクリックし、リストのオブジェクトを選択する。

  • 構成済みのアラートの推奨から。

  • ダッシュボード ウィジェットのオブジェクト リストおよびトポロジ グラフから。

アクションの推奨事項

ホストおよび仮想マシンに関する次の情報を確認して、正しいオブジェクトに対してアクションを実行していることを確認してください。

オプション

説明

仮想マシン

ワークロードが過剰になっているホスト上の仮想マシンの名前。

ソース クラスタ

仮想マシンが実行されているクラスタの名前

データストア

仮想マシンに関連付けられているデータストア。

移動先クラスタ

仮想マシンの移動先クラスタ。DRS はホストを自動的に選択します。

要因

実行されるアクションおよび移動が推奨される理由を説明しています。たとえば、推奨事項は、クラスタ上のワークロードの一部を別のクラスタに移動して、CPU デマンドの不均衡を軽減することです。

親 vCenter

影響を受けるクラスタに関連付けられている vCenter vCenter Server アダプタを特定します。

OK をクリックすると、次のダイアログ ボックスで、タスク ID と、タスク リストへのリンクが提供されます。

表 1. [タスク ID] ダイアログ ボックス

オプション

説明

最近のタスク

ジョブのステータスを表示し、ジョブが終了したことを確認するには、最近のタスク をクリックします。

OK

追加のアクションを実行せずにダイアログ ボックスを閉じるには、OK をクリックします。