vRealize Operations Managerは、アダプタ インスタンスごとに環境内のオブジェクトを検出し、それらを一覧表示します。環境内のすべてのオブジェクトの完全なリストから、任意のオブジェクトにすばやくアクセスして構成することができます。たとえば、データストアが接続されているか、データを提供しているかどうか、または仮想マシンをパワーオンできるかどうかを確認できます。

リストの機能

データ グリッドにオブジェクトが表示されます。特定のオブジェクトを見つけるため、グリッドの列を並べ替えたり、フィルタ ワードを検索することができます。並べ替えと検索に加え、オブジェクトをオブジェクト タグに割り当てることで、vRealize Operations Manager内のオブジェクトとメトリックが見つけやすくなります。

リストを確認できる場所

左側のペインで、管理 > インベントリ エクスプローラ を選択します。vRealize Operations Managerは、環境内のすべてのオブジェクトを一覧表示します。

インベントリ エクスプローラのリストのオプション

中央のペインには、オブジェクト タグのオプションが含まれます。右側のペインには、環境内のすべてのオブジェクトのツールバー オプションが含まれます。

表 1. オブジェクト タグ オプション

オプション

説明

すべて折りたたむ

すべてのタグ グループの選択を閉じます。

すべて選択解除

タグは選択解除するまで選択されたままになります。このオプションを使用して、すべてのタグを選択解除します。

タグの管理

タグまたはタグ値を追加します。オブジェクト タグの管理ワークスペースを参照してください。

オブジェクト タイプのタグを管理する

オブジェクト タイプのタグは、多数ある場合があります。このオプションを使用して、表示するオブジェクト タイプのタグを選択します。オブジェクト タイプのタグの管理ワークスペースを参照してください。

ツールバー オプションを使用してオブジェクトを管理します。

  • フィルタ オプションでフィルタと一致するオブジェクトにリストを限定します。フィルタ オプションには、ID、名前、説明、メンテナンス スケジュール、アダプタ タイプ、オブジェクト タイプ、識別子が含まれます。

  • リストから管理するオブジェクトを選択します。オブジェクト タグを選択すると、選択したタグ値のオブジェクトだけが一覧表示されます。列見出しによりオブジェクトを特定できます。オブジェクト リスト ウィジェットを参照してください。

表 2. インベントリ エクスプローラのツールバーのオプション

オプション

説明

操作

選択したオブジェクトに対してアクションを実行します。使用できるアクションは、オブジェクトのタイプによって異なります。たとえば、仮想マシンのパワー オンは、選択した仮想マシンに適用されます。を参照してください。 vRealize Operations Managerアクションのリスト

外部アプリケーションで開く

オブジェクトに関する情報を取得するために別のアプリケーションにリンクする機能がアダプタに含まれている場合は、ボタンをクリックして、そのアプリケーションのリンクにアクセスします。たとえば、[vSphere Client で仮想マシンを開く] や [vRealize Log Insightでの VM ログの検索] です。

収集の開始

選択したオブジェクトのデータ収集をオンにします。

収集の停止

選択したオブジェクトのデータを収集しません。データ収集を停止すると、将来、データ収集を開始するのに備えて、vRealize Operations Managerはそのオブジェクトに対するメトリック データを保持します。

マルチ収集の実行

オブジェクトが複数のアダプタ インスタンスを通じてメトリックを収集している場合、アダプタ インスタンスまたはデータ収集のインスタンスを選択します。アダプタ インスタンスを使用しないオブジェクトには適用しないでください。

オブジェクトの編集

選択したオブジェクトを編集します。たとえば、仮想マシンのメンテナンス スケジュールを追加または変更します。同じタイプの複数のオブジェクトを選択した場合、それらのオブジェクト タイプに共通する識別子を編集できます。たとえば、複数のデータストアの VM エントリ名を一度に変更できます。オブジェクトを管理するワークスペースを参照してください。

オブジェクトの追加

vRealize Operations Managerは、ほとんどのアダプタのオブジェクトを検出します。すべてのオブジェクトの自動検出をサポートしていないアダプタの場合、オブジェクトは手動で追加されます。オブジェクトを管理するワークスペースを参照してください。

オブジェクトを検出する

IP スキャンを実行して、特定のアダプタに関連付けられたオブジェクトを検出します。オブジェクトの検出ワークスペースを参照してください。

オブジェクトの削除

リストからオブジェクトを削除します。

メンテナンス開始

メンテナンスのためにオブジェクトをオフラインにします。 オブジェクト ワークスペースのメンテナンス スケジュールの管理を参照してください。

メンテナンス終了

メンテナンス期間を終了し、選択したオブジェクトをオンラインに戻します。

選択のクリア

すべてのオブジェクトの選択をクリアします。

すべて選択

表示されているすべてのオブジェクトを選択します。

詳細の表示

選択したオブジェクトの サマリ タブを表示します。サマリ タブを参照してください。

ページ単位

1 ページあたりに一覧表示するオブジェクトの数。