メッセージ イベント症状は、vRealize Operations Manager のコンポーネントから受信したメッセージ イベント、または外部の監視対象システムからそのシステムの REST API を介して受信したメッセージ イベントに基づいています。 メッセージ イベント システムを定義して、1 つ以上の症状を作成し、アラート定義に追加できるようにします。

メッセージ イベント症状の定義の仕組み

指定された演算子で比較したとき、受信イベントに含まれるメッセージと症状に含まれるテキスト文字列が一致すると、メッセージ イベント症状がトリガーされます。

メッセージ イベント症状の定義ワークスペースの場所

メッセージ イベントに基づいて症状を定義するには、左側のペインで 内容 アイコンをクリックし、症状の定義 > メッセージ イベントの症状の定義を選択します。 追加 をクリックし、ワークスペースでプロパティに基づく症状を定義します。

アラートの定義のワークスペースでアラートを定義する通りに症状を定義することもできます。

表 1. メッセージ イベント症状のワークスペースのオプション

オプション

説明

メッセージ イベント セレクタ

症状の作成に使用するコンポーネント。

基本オブジェクト タイプ

症状が評価される対象のオブジェクト。

イベントのタイプの選択

受信したイベントと照合される受信イベントのタイプを選択します。 受信イベントには、次に示すタイプとサブタイプの組み合わせが含まれている必要があります。

  • システム パフォーマンスの低下。

  • 変更。

  • 環境のダウン。

  • 通知。

症状の定義ワークスペース

イベント タイプを右側のペインにドラッグします。

メッセージ イベント

メッセージ イベントのテキスト文字列は、指定された演算子を使用して、受信イベントに含まれるメッセージと比較されます。 単一のメッセージ イベント症状を構成することも、複数の症状を追加することもできます。

たとえば、VMware アダプタは、仮想マシンの CPU 制限が無制限から 2 GHz に変更されると、変更イベントを送信します。 症状を作成することにより、このように構成が変化した結果として発生した CPU 競合の問題を検出できます。

オプションを構成します。

  • 演算子。症状定義を評価するとき、[イベント メッセージ] テキスト ボックスに指定した文字列をイベントに含まれるメッセージと比較する方法を決定します。

  • イベント メッセージ。演算子が評価する文字列。

  • 重要度レベル。症状がトリガーされるときの症状の重要度。

  • 症状の名前。症状の名前です。この名前は、アラート定義を構成するときに症状のリストに表示されます。また、アラートが生成されたときや、トリガーされた症状を表示するときにこの名前が表示されます。

  • 待機サイクル。ここで指定された数の収集サイクルの期間、トリガー条件は true を維持し、この期間が過ぎると症状がトリガーされます。デフォルト値は 1 です。これは、条件が true になったときに、同じ収集サイクルで症状がトリガーされることを意味します。

  • キャンセル サイクル。ここで指定された数の収集サイクルの期間、トリガー条件は false になり、この期間が過ぎると症状はキャンセルされます。デフォルト値は 1 です。これは、条件が false になったときに、同じサイクルで症状がキャンセルされることを意味します。