使用環境内の会計アラート定義を vRealize Operations Manager で評価する方法を構成するには、動作を決定するポリシーを構成して、そのポリシーをオブジェクト グループに適用できるようにします。ポリシーにより、アラート定義の適用を選択したオブジェクト グループのメンバーに限定します。

始める前に

このタスクについて

作成したアラート定義は、デフォルトのポリシーに追加されて有効化されます。これにより、作成するすべてのアラート定義が環境内で確実にアクティブになります。このアラート定義は会計部門のニーズを満たすよう意図されているため、デフォルトのポリシーでは無効にして、監視する会計仮想マシンと関連ホストを含め、環境内でこのアラート定義を評価する方法を決定する新しいポリシーを作成します。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、管理 アイコンをクリックします。
  2. ポリシー をクリックし、ポリシー ライブラリ をクリックします。
  3. 新規ポリシーの追加 をクリックします。
  4. Accounting Objects Alerts Policy のような名前を入力し、次の例に示すような分かりやすい説明を入力します。
    This policy is configured to generate alerts when 
    Accounting VMs and Hosts group objects are above trended
     CPU or memory usage.
  5. 基本ポリシーの選択 をクリックし、以下で始まる ドロップダウン メニューで デフォルト ポリシー を選択します。
  6. 左側で、アラートの定義および症状の定義のカスタマイズ をクリックし、新しい Acct VM CPU early warning アラート以外のすべてのアラート定義を無効にします。
    1. [アラートの定義] 領域で、アクション をクリックし、すべて選択 を選択します。

      現在のページのアラートが選択されます。

    2. アクション をクリックし、無効化 を選択します。

      アラートの [状態] 列に [無効] と表示されます。

    3. アラート リストの各ページでこのプロセスを繰り返します。
    4. リストで、Acct VM CPU early warning を選択し、アクション をクリックして 有効化 を選択します。

      Acct VM CPU early warning が有効になります。

  7. 左側で、グループへのポリシーの適用 をクリックして、Accounting VMs and Hosts を選択します。
  8. 保存 をクリックします。

タスクの結果

会計部門の仮想マシンとホストにのみ適用されるカスタム ポリシー内に会計アラート定義が存在するポリシーが作成されました。

次のタスク

電子メール通知を作成し、vRealize Operations Manager をアクティブに監視していないときでもアラートについて知ることができるようにします。部門のアラートに関する通知の構成 を参照してください。