カスタム プロファイルは、オブジェクト インスタンスの特定の構成を定義します。プロファイルを使用すると、利用可能なキャパシティやオブジェクト インスタンスの構成に応じた、環境に合うオブジェクトのインスタンスの個数がわかります。

カスタム プロファイルの機能

デフォルト プロファイルと同じように、カスタム プロファイルは、オブジェクトのメトリック構成を定義します。カスタム プロファイルは、1 つのオブジェクト タイプに必要な数だけ作成できます。たとえば、2 GBのメモリ デマンド モデルを使用する仮想マシンの 1 つのカスタム プロファイルを作成できます。4 GB のメモリ デマンド モデルを使用する別のカスタム プロファイルを作成できます。

vRealize Operations Manager は、仮想マシンのカスタム プロファイルを使用して、環境に合う仮想マシンの数を計算します。仮想マシンの数は、プロファイルで定義されたキャパシティの割り当てとデマンドが基になっています。キャパシティの計算を調べるには、ホスト、クラスタなどの親オブジェクトを選択します。分析 > 残りキャパシティ をクリックし、[残りキャパシティの内訳] 領域の [プロファイル別残りキャパシティ] を表示します。

また、カスタム プロファイルを使用すると、プロジェクト シナリオの作成時にメトリックを取り込むことができます。プロジェクト シナリオでカスタム プロファイルを使用するには、ホスト、クラスタなどのオブジェクトを選択します。プロジェクト をクリックし、追加 をクリックしてプロジェクトを作成します。たとえば仮想マシンの追加など、プロジェクトにシナリオを追加するには、メトリックの取り込み元 をクリックします。カスタム プロファイルを選択して、カスタム プロファイルで定義したキャパシティ設定をプロジェクト シナリオに含めます。

カスタム プロファイルを確認できる場所

カスタム プロファイルを管理するには、左側のペインの コンテンツ をクリックし、カスタム プロファイル をクリックします。

表 1. カスタム プロファイルのオプション

オプション

説明

ツールバー オプション

ツールバー オプションは、カスタム プロファイルの管理に使用します。

  • 新しいプロファイルの追加。特定のオブジェクト タイプのカスタム プロファイルを追加します。

  • 選択したプロファイルの編集。選択したプロファイルを変更します。

  • 選択したプロファイルの削除。選択したプロファイルを削除します。

  • 選択したプロファイルのクローン作成。選択したプロファイルのコピーを作成し、必要に応じてカスタマイズします。

フィルタリング オプション

リストをフィルタリングして、作成したフィルタに一致するプロファイルを表示します。名前、説明、オブジェクト タイプ、またはアダプタ タイプでソートすることができます。または、[クイック フィルタ] テキスト ボックスにフィルタのテキストを入力します。

[詳細] タブ

カスタム プロファイルに適用されている名前、説明、アダプタ、オブジェクト タイプ、およびメトリックが表示されます。

[関連するポリシー] タブ

選択したカスタム プロファイルに関連付けられているすべてのポリシーが表示されます。カスタム プロファイルに関連付けられているポリシーを変更するには、プロファイルを編集します。すべてのポリシーに対して次のプロファイルを有効にする がオンになっている場合は、オフにして、x をクリックし、カスタム プロファイルに関連付けられないようにポリシーを削除します。