vRealize Operations Manager がアダプタを再記述する場合、vRealize Operations Manager はアダプタ ファイルを検出し、アダプタのアビリティに関する情報を集め、アダプタに関する情報でユーザー インターフェイスを更新します。

アダプタ再記述の仕組み

アダプタをインストールまたは更新した後、vRealize Operations Manager でアダプタを再記述することによってアダプタ情報を収集します。

アダプタの再記述を確認できる場所

左側のペインで、管理 > サポート > 再記述 を選択します。

アダプタの再記述のオプション

この機能には、アダプタの記述プロセスを開始するオプションがあります。

表 1. アダプタの再記述のオプション

オプション

説明

再記述

アダプタの記述プロセスを開始します

vRealize Operations Manager は、再記述プロセスからのアダプター固有の詳細情報を提供します。

表 2. アダプタの再記述の詳細情報

オプション

説明

名前

再記述プロセスが適用されるアダプタ

ステータス

最後の再記述プロセスに関する成功や失敗などの状態

バージョンの記述

最後の再記述プロセスが実行された describe.xml のバージョン

アダプタのバージョン

最後の再記述プロセスが実行されたアダプタのバージョン

メッセージ

最後の再記述プロセスに関するその他の詳細情報