AgentHome/bin ディレクトリ内の epops-agent.sh スクリプトを使用して、エージェント起動ツールおよびエージェント ライフサイクル コマンドを開始できます。

手順

  1. コマンド シェルまたはターミナル ウィンドウを開きます。
  2. sh epops-agent.sh command の形式を使用して、必要なコマンドを入力します。ここで、command は次のうちのいずれかです。

    オプション

    説明

    start

    エージェントをデーモン プロセスとして起動します。

    stop

    エージェントの JVM プロセスを停止します。

    restart

    エージェントの JVM プロセスを停止してから起動します。

    status

    エージェントの JVM プロセスのステータスを問い合わせます。

    dump

    エージェント プロセスのスレッド ダンプを実行し、その結果を AgentHome/log 内の agent.log ファイルに書き込みます。

    ping

    エージェント プロセスに対して ping を実行します。

    setup

    既存のトークンを使用して証明書を再登録します。