vRealize Operations Managerには、vRealize Operations Manager クラスタのノードおよびそのノードにインストールされているアダプタを監視および管理できる中心のページがあります。

クラスタ管理の仕組み

クラスタ管理により、vRealize Operations Managerクラスタ全体または個別ノードのオンライン状態またはオフライン状態を表示および変更できます。さらに、高可用性 (HA) を有効または無効にし、ノードにインストールされたアダプタに関連した統計情報を表示できます。

クラスタ管理を確認できる場所

左側のペインで、管理 > クラスタ管理 を選択します。

クラスタ管理オプション

このオプションには、クラスタレベルの監視機能と管理機能が含まれています。

表 1. 初期セットアップ ステータスの詳細

オプション

説明

クラスタのステータス

vRealize Operations Managerクラスタのオンライン、オフラインまたは不明状態が表示されます。

High Availability

HA が有効か、無効か、デグレードしているかを示します。

vRealize Operations Managerは、ノードレベルの情報およびノードをオンラインまたはオフラインにするためのツールバーを提供します。

表 2. vRealize Operations Managerクラスタのノード

オプション

説明

ノード名

ノードのマシン名。

ログイン中のノードは、名前の隣にドットが表示されます。

ノード アドレス

ノードのインターネット プロトコル (IP) アドレス。マスタ ノードおよびレプリカ ノードには、静的 IP アドレスが必要です。データ ノードでは、DHCP または静的 IP を使用する場合があります。

クラスタのロール

vRealize Operations Managerノードのタイプ:マスター、データ、レプリカ、またはリモート コレクタ。

都道府県

実行、実行されていません、オンライン化、オフライン化、アクセス不可、失敗、エラー

ステータス

オンライン、オフライン、不明などのノードの状態。

処理中のオブジェクト

ノードで現在監視している合計環境オブジェクト。

処理中のメトリック

ノードがクラスタに追加されて以来ノードが収集した合計メトリックス。

ビルド

ノードにインストールされている vRealize Operations Managerソフトウェア ビルド番号。

バージョン

ノードにインストールされた vRealize Operations Managerソフトウェア バージョン。

デプロイ タイプ

ノードを実行しているマシンのタイプ:vApp または Linux

さらに、選択したノードのアダプタ統計情報を表示します。

表 3. サーバ上のアダプタ

オプション

説明

名前

インストールするユーザーがアダプタに付ける名前。

ステータス

アダプタがデータを収集しているかどうかを示します。

収集中のオブジェクト

アダプタで現在監視している合計環境オブジェクト。

収集中のメトリック

アダプタがノードにインストールされて以来収集したアダプタの合計メトリックス。

最後の収集時間

アダプタが一番最近のデータ収集をした日付と時間。

追加日

アダプタがノードにインストールされた日付と時間。