アラートの定義は、環境内の問題がある領域を特定するために作成される症状と推奨の組み合わせで、それらの領域についてのアラートを生成します。ユーザーは、それらの領域に対して、アラートへの対応を行うことができます。アラート定義を使用して、vRealize Operations Manager のアラート ライブラリを管理し、定義の追加や変更を行うことができます。

アラート定義を確認できる場所

アラート定義を管理するには、左側のペインで 内容 をクリックし、アラート定義 をクリックします。

表 1. アラート定義のオプション

オプション

説明

ツールバー オプション

ツールバーのオプションを使用して、アラートの定義を管理します。

  • 追加。アラートの定義を追加します。

  • 編集。選択した定義を変更します。

  • 削除。選択した定義を削除します。

  • クローン作成。選択した定義のコピーを作成し、必要に応じてカスタマイズします。

  • エクスポートまたはインポート。選択した定義をエクスポートして、別の vRealize Operations Manager インスタンスにインポートすることができるようにします。

フィルタリング オプション

アラートのリストを、作成するフィルタと一致するアラートに限定します。

データ グリッドの列で並べ替えることもできます。

名前

アラート定義の名前は、シンプトムがトリガーされた時に表示されるアラートの名前でもあります。

アダプタ タイプ

アダプタは、選択した基本オブジェクト タイプを管理します。

オブジェクト タイプ

アラートが定義される対象の基本オブジェクト タイプ。

アラート タイプ

アラートの生成時にアラートを分類するのに使用されるメタデータ。

この値は、ワークスペースの [アラートの影響] ページで定義します。

アラート サブタイプ

アラート タイプのサブカテゴリであり、アラートの生成時に分類に使用されるメタデータ。

この値は、ワークスペースの [アラートの影響] ページで定義します。

重要度

アラートがトリガーされた場合の重要度。重要度は、次の値を含みます。

  • シンプトム。アラートは、シンプトムベースの重要度を表示するように構成されます。

  • クリティカル

  • 緊急

  • 警告

  • 情報

影響

アラートは、健全性、リスク、または効率バッジに影響するように構成されます。

定義基準

アラート定義の追加者を表示します。アラートはアダプタ、ユーザー、または vRealize Operations Manager システムによって追加される可能性があります。