/Etc/sysctl.conf ファイル内の kernel.printk は、カーネルのログ出力を指定します。

次の 4 つの値を指定します。

  • console loglevel. コンソールに出力されるメッセージの最低優先順位。

  • default loglevel. 固有のログ レベルのないメッセージの最低レベル。

  • コンソール ログ レベルの出力可能な最低レベル。

  • コンソール ログ レベルのデフォルト値。

値ごとに 8 つのエントリから指定可能です。

  • define KERN_EMERG "<0>" /* system is unusable */

  • define KERN_ALERT "<1>" /* action must be taken immediately */

  • define KERN_CRIT "<2>" /* critical conditions */

  • define KERN_ERR "<3>" /* error conditions */

  • define KERN_WARNING "<4>" /* warning conditions */

  • define KERN_NOTICE "<5>" /* normal but significant condition */

  • define KERN_INFO "<6>" /* informational */

  • define KERN_DEBUG "<7>" /* debug-level messages */

kernel.printk の値を 3 4 1 7 に設定して、/etc/sysctl.conf ファイル内に行 kernel.printk=3 4 1 7 が存在することを確認します。