ネットワーク運用エンジニアとして、データストアのディスク容量に関するアラートを調査して、提供された推奨、特に未使用のスナップショットを削除する推奨が問題を解決することを判断しました。vRealize Operations Manager を使用して、スナップショットを削除します。

始める前に

このタスクについて

vCenter Adapter でアクションを有効にしていない場合は、vCenter Server インスタンス上のスナップショットを手動で削除できます。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、アラート アイコンをクリックします。
  2. アラート名のリンクをクリックします。
  3. サマリ タブをクリックします。
  4. その他の推奨 矢印をクリックして、リストを拡張します。

    他の推奨には、vMotion の一部の仮想マシンを別のデータストアに保存 推奨や 仮想マシンの未使用のスナップショットを削除 推奨などがあります。未使用のスナップショットの削除推奨には、操作ボタンが含まれます。

  5. データストアの未使用のスナップショットの削除 をクリックします。
  6. 経過日数 テキストボックスで、スナップショットを削除するために取得する経過日数を選択または入力して、OK をクリックします。

    たとえば、30 日以上経過したデータストア上のすべてのスナップショットを取得するには、30 と入力します。

  7. データストアの未使用のスナップショットの削除 ダイアログボックスで、スナップショット容量、スナップショット作成時間および VM 名を確認して削除するスナップショットを決め、削除する各スナップショットのチェックボックスをオンにします。
  8. OK をクリックします。

    表示されるダイアログボックスは、最近のタスクへのリンクと特定のタスクへのリンクを提供します。

  9. タスクが正しく実行されたことを確認するには、最近のタスク をクリックします。

    [最近のタスク] ページが表示されます。[使用されていないスナップショットの削除] アクションには、スナップショットの取得とスナップショットの削除という 2 つのタスクが含まれます。

  10. 一番最近の完了時間の [使用されていないスナップショットの削除] タスクを選択します。

    これは削除タスクです。ステータスは、完了済み でなければなりません。

タスクの結果

この例では、vCenter Server のデータストアでアクションを実行しました。他の推奨も有効である可能性があります。

次のタスク

  • 推奨でアラートが解決されることを確認します。アクションを実行し、アラートがキャンセルされたことを確認した後、いくつか収集サイクルを実行できます。アラートを生成した条件が true でなくなると、アラートはキャンセルされます。

  • 他の推奨を実装します。このアラートの他の推奨では、他のアプリケーションを使用する必要があります。vRealize Operations Manager からは推奨を実装できません。

  • 他のオプションを使用して、根本原因を調査してください。問題の根本原因を調査するための代替例については、『ユーザー シナリオ:[トラブルシューティング] タブのオプションを使用して問題の根本原因を調査する』を参照してください。