オブジェクトの症状とは、オブジェクトに対してトリガーされたすべての症状です。 症状リストを使用して、このアラートおよび他のアラートの生成にいたった、トリガーされた症状、および各症状がトリガーされた時期を評価します。

アラートの詳細の [影響を受けたオブジェクトの症状] の仕組み

このアラートに含まれるトリガーされた症状と、他の生成されたアラートに含まれるトリガーされた症状のすべてがこのリストに表示されます。 症状の情報を確認できるほか、症状をトリガーしたオブジェクトをクリックすることで、オブジェクトに関する詳細な分析情報を表示できます。

アラートの詳細の [影響を受けたオブジェクトの症状] を確認できる場所

左側のペインで、アラート アイコンをクリックします。 [アラート]、[健全性アラート]、[リスク アラート]、または [効率アラート] のいずれかのリストで、データ グリッドのアラート名をクリックし、症状 タブをクリックします。

表 1. アラートの詳細の [影響を受けたオブジェクトの症状] のオプション

オプション

説明

重要度

環境内でのアラートの重要度レベルを示します。アラートの重要度は、重要度アイコンの上にマウスを置いたときにツールチップに表示されます。

このレベルは、アラート定義の作成時に割り当てられたレベルに基づきます。割り当てられたレベルが シンプトム ベース の場合は、症状の最高の重要度に基づきます。

症状

トリガーされた症状の名前。

起動元

症状がトリガーされたオブジェクトの名前

オブジェクト名をクリックすると、オブジェクトの詳細タブが表示されます。ここで、オブジェクトに他に何か問題がないかどうかについて調査を開始できます。

作成日時

症状がトリガーされた日時。

キャンセル日時

症状がトリガーされた日時。

詳細情報

傾向と現在の値を含む、症状のトリガー条件に関する情報。

シンプトムの更新時刻の 6 時間前から 1 時間後までの範囲のデータが、スパークラインに表示されます。