仮想マシンの CPU 数およびメモリ設定アクションを使用し、複数仮想マシンの 1 回のみのパワー ダウンで組み合わせアクションを実行して、仮想マシン上の CPU やメモリの追加または削除ができます。CPU およびメモリを変更して、パフォーマンスの問題に対応したりリソースを再要求したりすることができます。

アクションの動作

CPU 数およびメモリ設定アクションは、ターゲット仮想マシンをパワー オフし、スナップショットを作成し(必要な場合)、指定された新規 CPU 数およびメモリ値に基づいてvCPU 数とメモリを変更して、仮想マシンを当初の電源状態に戻します。

仮想マシンの CPU 数およびメモリ設定アクションには、自動化に使用できる別の形態があります。このバージョンのアクションではパワーオフ可フラグが真に設定されていることから、このアクションは自動化に使用でき、仮想マシンがパワーオン状態の場合に実行できます。このアクションのパワーオフ可バージョンは、アラートを作成または編集し、そのアラートを推奨事項と関連付けると選択できます。このアクションのパワーオフ可バージョンが自動化されている場合は、このバージョンのアクションは選択しません。

仮想マシンでホット プラグが有効になっている場合は、パワーオフは必要ありません。パワーオフが必要になり、VMware Tools がインストールされている場合は、仮想マシンはシャットダウン後にパワーオフされます。

アクションを実行するには、値を構成するすべてのオプションに、変更するオブジェクトの値を含める必要があります。1 つのオプションを新しい値に変更し、別のオプションを変更しない場合は、変更しないオプションが現在の値で構成されていることを確認します。

このアクションを実行する場所

サポートされるオブジェクトおよびオブジェクト レベルに対し、このアクションは vRealize Operations Managerの次の場所で使用可能です。

  • 一番上のツールバーの アクション メニューで、ホーム をクリックする。

  • ツールバーの 環境 をクリックしてオブジェクトを選択し、詳細 タブをクリックし、ビュー をクリックして、タイプ リストのビューを選択する。

  • ツールバーの 環境 をクリックしてオブジェクトを選択し、環境 タブをクリックして、リスト ビューのオブジェクトを選択する。

  • インベントリ エクスプローラ リストの 管理 をクリックし、インベントリ エクスプローラ をクリックして、リスト タブをクリックし、リストのオブジェクトを選択する。

  • 構成済みのアラートの推奨から。

  • ダッシュボード ウィジェットのオブジェクト リストおよびトポロジ グラフから。

アクションのオプション

仮想マシンに関する次の情報を確認して、正しいオブジェクトに対してアクションを実行していることを確認してください。

オプション

説明

選択したオブジェクト

チェック ボックスは、アクションがオブジェクトに適用されるかどうかを示します。1 つ以上のオブジェクトに対してアクションを実行しない場合は、関連するチェック ボックスをオフにします。このオプションは、2 つ以上のオブジェクトが選択されている場合に利用可能になります。

値を変更する場合、チェック ボックスをオンにします。[OK] ボタンを有効にするには、チェック ボックスをオンにする必要があります。

名前

環境のインベントリに表示される仮想マシンの名前。

新しい CPU

アクションが完了したときの CPU 数。値が 1 より小さいか、vCenter Serverの仮想マシンでサポートされていない値であり、仮想マシンがパワーオン状態で、ホット アドが有効でない場合、CPU 数は変更されず、[最近のタスク] にアクションが失敗したことが表示されます。サポートされていない値を送信したときに仮想マシンがパワーオフ状態の場合、タスクでは成功と報告されますが、パワーオン アクションを実行すると仮想マシンでエラーが発生します。

表示される値は、計算された推奨サイズです。対象の仮想マシンが新しいかオフラインの場合、この値は、現在の CPU 数を示します。vRealize Operations Managerが仮想マシンを 6 時間以上監視していた場合、環境によっては、表示される値が、推奨 CPU サイズのメトリックになります。

現在の CPU

現在構成済み CPU 数。

新規 (MB)

アクションが完了した時の、MB 単位のメモリの量。値は 4 以上の 4 の倍数である必要があります。値が 4 より小さいか 4 の倍数ではなく、仮想マシンがパワーオン状態で、ホット アドが有効でない場合、メモリ量は変更されず、[最近のタスク] にアクションが失敗したことが表示されます。サポートされていない値を送信したときに仮想マシンがパワーオフ状態の場合、タスクでは成功と報告されますが、パワーオン アクションを実行すると仮想マシンでエラーが発生します。

表示される値は、計算された推奨サイズです。対象の仮想マシンが新しいかオフラインの場合、この値は、現在構成されているメモリを示します。vRealize Operations Managerが仮想マシンを 6 時間以上監視していた場合、環境によっては、表示される値が、推奨メモリ サイズのメトリックになります。

現在 (MB)

現在仮想マシンに設定されているメモリ容量(メガバイト)。

パワー状態

仮想マシンがパワーオンされているか、パワーオフされているかを示します。

パワーオフ可

選択されている場合は、値の変更前に、アクションによって仮想マシンがシャットダウンまたはパワーオフされます。VMware Tools がインストールされ実行されていると、仮想マシンはシャットダウンされます。VMware Tools がインストールされていないか実行されていない場合は、オペレーティング システムの状態にかかわらず、仮想マシンはパワーオフされます。

アクションによって仮想マシンがシャットダウンされるかパワーオフされるかのほかに、オブジェクトがパワーオン状態であるかどうかと、適用される設定を検討する必要があります。

パワーオフ可を使用するアクションのアクションを参照してください。

スナップショット

このオプションを選択すると、アクションによって、CPU 数とメモリが変更される前に、仮想マシンのスナップショットが作成されます。

アクションにより期待した結果が得られなかった場合に、仮想マシンを戻すスナップショットが必要になったときにこのオプションを使用します。

ホスト

仮想マシンが実行されているホストの名前。

アダプタ

vRealize Operations Managerで構成されている VMware アダプタの名前。このアダプタは、vCenter Serverインスタンスとの通信を管理します。

OK をクリックすると、次のダイアログ ボックスで、タスク ID と、タスク リストへのリンクが提供されます。

表 1. [タスク ID] ダイアログ ボックス

オプション

説明

最近のタスク

ジョブのステータスを表示し、ジョブが終了したことを確認するには、最近のタスク をクリックします。

OK

追加のアクションを実行せずにダイアログ ボックスを閉じるには、OK をクリックします。