ポリシー ライブラリ タブには、vRealize Operations Manager に含まれる、基本設定、デフォルト ポリシー、およびその他のベスト プラクティス ポリシーが表示されます。 ライブラリ ポリシーを使用して、独自のポリシーを作成できます。 ポリシー ライブラリには、ワークロード、異常、障害、容量、残りの容量と時間、負荷、解放可能な容量、密度、使用可能な容量、時間などのポリシー要素の構成可能な設定すべてが含まれます。

ポリシー ライブラリの仕組み

ポリシー ライブラリ タブのオプションを使用して、既存のポリシーから独自のポリシーを作成したり、既存のポリシー テンプレートの設定をオーバーライドして、新しい設定をオブジェクトのグループに適用できます。 ポリシーのインポートとエクスポートも実行できます。

選択したポリシーの詳細を表示するには、分割バーをクリックしてペインを展開します。ポリシーの [詳細] および [関連アイテム] タブとオプションが下のペインに表示されます。[関連アイテム] タブでは、選択したポリシーをオブジェクト グループに適用することもできます。

ポリシーを追加または編集する場合は、ポリシー ワークスペースにアクセスします。ここで、ベース ポリシーを選択し、分析、メトリック、プロパティ、アラートの定義、症状の定義の設定をオーバーライドします。 このワークスペースでは、ポリシーをオブジェクト グループに適用することもできます。オブジェクト グループへのポリシーの関連付けを更新するには、ユーザー アカウントに割り当てられたロールにおいて、関連付けの管理権限をポリシー管理に対して有効にする必要があります。

ポリシー ライブラリを管理する場所

ポリシー ライブラリを管理するには、管理 をクリックし、ポリシー をクリックします。 ポリシー ライブラリ タブが表示され、環境で使用できるポリシーのリストが表示されます。

表 1. [ポリシー ライブラリ] タブのオプション

オプション

説明

ツールバー

ツールバーの選択肢を使用して、ポリシー ライブラリでアクションを実行します。

  • [新規ポリシーの追加]。既存のポリシーから新しいポリシーを作成します。

  • [選択したポリシーの編集]。vRealize Operations Manager の設定をオーバーライドするためにポリシーをオーバーライドし、関連オブジェクトのデータを分析および報告します。

  • [デフォルト ポリシーの設定]。任意のポリシーをデフォルト ポリシーとして設定できます。デフォルト ポリシー内の設定は、ポリシーが適用されていないすべてのオブジェクトに適用されます。ポリシーをデフォルト ポリシーとして設定すると、優先順位が D に設定されます。これにより、そのポリシーに最高の優先順位が与えられます。

  • [ポリシーのインポート] および [ポリシーのエクスポート]。 XML 形式でのポリシーのインポートやエクスポートが可能です。ポリシーをインポートまたはエクスポートするには、ユーザー アカウントに割り当てられたロールにおいて、インポート権限またはエクスポート権限をポリシー管理に対して有効にする必要があります。

  • [選択したポリシーの削除]。リストからポリシーを削除します。

[ポリシー ライブラリ] タブのデータ グリッド

vRealize Operations Manager では、ポリシーの高レベル詳細が表示されます。

  • 名前。[監視ポリシーの追加 / 編集] ウィザード、およびポリシーをオブジェクトに適用する領域(カスタム グループなど)に表示されるポリシーの名前。

  • 説明。ポリシーのわかりやすい説明。たとえば、継承されるポリシーや、そのポリシーと 1 つ以上のオブジェクト グループとの関係を理解するためにユーザーが必要とする個別情報。

  • 最終更新日時。ポリシーが最後に変更された日時。

  • 更新者。ポリシー設定を最後に更新したユーザー。

[ポリシー ライブラリ] タブ > [詳細] タブ

[詳細] タブには、設定の継承元であるポリシーの名前と説明、ポリシーの優先順位、ポリシーの最終変更者、ポリシーに関連付けられているオブジェクト グループの数が表示されます。[詳細] タブでは、ローカルで定義されたポリシー内の設定と、設定の完全グループ(カスタマイズされた設定と、ポリシーの作成時に選択されたベース ポリシーから継承された設定を含む)を確認できます。

  • ローカルで定義された設定。ローカルで変更されたポリシー要素の設定をポリシー内のオブジェクト タイプごとに表示します。たとえば、[クラスタ コンピューティング オブジェクトの負荷] ポリシー要素の [メモリ需要] 設定を変更した場合、ローカルで定義された設定のリストで、ローカル ポリシーへの更新を確認できます。

  • 継承を含むすべての設定。ローカルで変更された設定および継承された設定を含め、すべてのポリシー要素設定をポリシー内のオブジェクト タイプごとに表示します。有効化および無効化されたアラート定義、症状の定義、および属性の概要が表示され、ポリシー内の変更の数が示されます。ポリシー要素の設定は、バッジ スコアの症状しきい値を含んでおり、ワークロード、異常、障害、残りの容量と時間、負荷、解放可能な容量、密度、使用可能な容量、および時刻の各設定に加えられた変更を示します。たとえば、[クラスタ コンピューティング オブジェクトの使用可能容量] ポリシー要素の設定を変更した場合、設定の完全リストおよび高可用性構成の設定で、ローカル ポリシーへの更新を確認できます。vRealize Configuration Manager アダプタなど、複数の異なるアダプタをインストールしている場合、アダプタ用の特定のポリシー要素も表示されます。たとえば、vRealize Configuration Manager の場合、[コンプライアンス] ポリシー要素の設定およびバッジ スコアの症状しきい値が表示されます。

[関連オブジェクト] タブ

関連するグループとオブジェクトの概要、および選択したオブジェクト グループとオブジェクトの詳細を表示します。

  • グループ。選択したアクティブなポリシーに関連付けられたオブジェクトのグループを表示し、関連付けを追加または解除するためのオプションを提供します。

    • [関連付けの追加]。[ポリシーをグループに適用します] ダイアログ ボックスが開きます。ここで、選択したポリシーに関連付けるオブジェクト グループを選択します。

    • 関連付けの解除。確認ダイアログ ボックスが開きます。ここで、選択したポリシーに関連付けられたオブジェクト グループの解除を確認します。

    • データ グリッド。このポリシーに割り当てられたグループ、グループに関連付けられたオブジェクト タイプ、およびグループ内のオブジェクト数を表示します。

    • 選択したオブジェクト グループの詳細。選択したポリシーに関連付けられたオブジェクト グループの名前、タイプ、およびメンバー数と、ポリシーとの関連付けのタイプを表示します。オブジェクト グループは、ポリシーとの直接的な関連付けを持つことができます。また、ローカル ポリシーの作成時に選択したベース ポリシーに基づいて、継承されたポリシー関連付けを持つこともできます。たとえば、継承された関連付けを持つ [基本設定] ポリシーがリストに表示されている場合、そのポリシーの作成時に選択したベース ポリシーに [基本設定] ポリシーが含まれていました。

  • 影響を受けるオブジェクト。環境内のオブジェクトの名前、そのオブジェクト タイプ、および関連付けられたアダプタを表示します。オブジェクトの親グループが存在する場合、その親グループはこのデータ グリッドに表示されます。