プロパティ リスト ウィジェットでは、オブジェクトのプロパティとその値を表示できます。

プロパティ リスト ウィジェットと構成オプションの動作

オブジェクトのプロパティをプロパティ リスト ウィジェットで確認するには、ウィジェット自体を構成するときにオブジェクト プロパティ メトリックを選択するか(セルフ プロバイダ モードが有効の場合)、別のウィジェットからオブジェクトまたはオブジェクト プロパティ メトリックを選択します(セルフ プロバイダ モードが無効の場合)。ウィジェット構成ウィンドウの [メトリック構成] ドロップダウン リストから事前構成済み XML ファイルを選択して、一連のデフォルト プロパティやカスタム プロパティを表示することもできます。

プロパティ リスト ウィジェットは、ダッシュボードに追加してから編集します。セルフ プロバイダ モードを オフ にして、別のウィジェットからのデータを受信するようにウィジェットを構成できます。セルフ プロバイダ モードではない場合、ウィジェットには、ソース ウィジェットで選択したオブジェクトの一連の事前定義プロパティとその値が表示されます。たとえば、トポロジ ウィジェットでホストを選択し、プロパティ リスト ウィジェットでそのプロパティを確認することができます。プロパティ リストを同じダッシュボードにある受信者ウィジェットとして構成するには、ダッシュボードを編集する際に ウィジェットの相互作用 メニューを使用します。別のダッシュボードにある受信者ウィジェットを構成するには、ソース ダッシュボードを編集する際に ダッシュボードのナビゲーション メニューを使用します。

プロパティ リスト ウィジェットと構成オプションを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、ホーム をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

ダッシュボード ウィジェットに表示されるデータをカスタマイズするには、コンテンツ > ダッシュボード の順にクリックします。ダッシュボード ツールバーで、追加 アイコンをクリックしてダッシュボードを追加するか、編集 アイコンをクリックして、選択したダッシュボードを編集します。ダッシュボード ワークスペースの左側で ウィジェット リスト をクリックし、ウィジェットをダッシュボードの右側のペインにドラッグします。選択したウィジェットのタイトル バーの 編集 アイコンをクリックして、構成オプションにアクセスします。

プロパティ リスト ウィジェットと構成オプション

プロパティ リスト ウィジェットには、データ グリッド オプションがあります。

オプション

説明

オブジェクト名

プロパティを確認するオブジェクトの名前。プロパティをオブジェクト名で並べ替えることができます。オブジェクト名をクリックすると、[オブジェクトの詳細] ページが開きます。

プロパティ名

プロパティの名前。プロパティをプロパティ名で並べ替えることができます。

プロパティの値。プロパティを値で並べ替えることができます。

プロパティ リスト ウィジェットには、構成オプションが含まれます。

オプション

説明

タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの 更新 ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットのデータを更新する頻度を指定します。 .

セルフ プロバイダ

ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。

  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。

  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。

メトリック構成

情報が別のウィジェットとの相互作用に基づいている場合、表示する属性を持つリストを指定します。

CLI ディレクトリを通じてリソース相互作用 XML ファイルを追加するには、リソース相互作用 XML ファイルの追加を参照してください。ユーザー インターフェイスを通じてリソース相互作用 XML ファイルを追加するには、メトリック構成の管理を参照してください。

新規作成された XML ファイルがウィジェットの メトリック構成 ドロップダウン メニューに表示されます。

オブジェクト

  • オブジェクト ツリー

    オブジェクト リストのデータ グリッドでオブジェクトのフィルタリングに使用します。たとえば、オブジェクト タイプ を展開して 仮想マシン を選択すると、オブジェクト リストのデータ グリッドでインベントリからの VM のみを確認することができます。

  • オブジェクト リスト

    環境内のオブジェクトのリスト。列を基準に検索またはソートして、ウィジェットに表示されるデータの基になるオブジェクトを特定できます。

    リスト内のオブジェクトを選択すると、そのオブジェクトはウィジェットに対して選択されたオブジェクトになります。

プロパティ ツリー

オブジェクト リストから選択したオブジェクトのプロパティをダブルクリックすると、ウィジェットでその内容を確認することができます。

選択したオブジェクト

ウィジェット データの基準となるオブジェクト