vRealize Operations Managerをインストールするときに、vRealize Operations Manager の監視対象になったことのない環境に製品をインストールすることができます。また、移行を行い、以前のバージョンの vRealize Operations Managerによって監視されている環境を取得し、vRealize Operations Manager の新しいコピーでその環境を監視できるようにすることも可能です。

移行は、インストール時に行うか、vRealize Operations Managerのコピーが本番環境で使用されるようになるまで延期することができます。言い換えると、vRealize Operations Managerを実行して新しい環境を監視するとともに、いつでも、以前の vRealize Operations Manager によって監視されていた環境を追加することができます。