ワークロードとは、オブジェクトでのリソースの需要の測定値のことです。 ポリシーで、オブジェクト タイプのワークロード要素の設定を有効にして構成できます。 その後、設定をオーバーライドして、vRealize Operations Manager で、設定に応じて、CPU 使用量およびメモリ使用量を計算し、選択したオブジェクトのリソース需要を表示できるようになります。

ワークロード要素の仕組み

ワークロード要素により、vRealize Operations Manager で、選択されたオブジェクト グループで使用されるリソースのレポート方法が決定します。 オブジェクト グループで使用できるリソースは、構成済みリソース量および使用可能なリソース量によって異なります。

  • 特定の物理メモリ量はホスト システムの構成済みリソースで、特定の CPU 数は仮想マシンの構成済みリソースです。

  • オブジェクトまたはオブジェクト グループの使用可能なリソースは、構成済みの量のサブセットであり、構成済みの量と等しくなる場合があります。

  • リソースの構成済みの量および使用可能な量は、リソースのタイプや必要な仮想化オーバーヘッド量(ESX ホスト マシンでホスト システムを実行するために必要なメモリなど)によって異なる可能性があります。 オーバーヘッドを考慮する場合、仮想マシンまたは高可用性バッファには予約が必要となるため、オーバーヘッドに必要となるリソースは使用可能であるとはみなされません。

ポリシーのワークロード要素をオーバーライドする場所

ポリシーのワークロード分析設定を表示してオーバーライドするには、管理ポリシーポリシー ライブラリ タブの順にクリックします。プラス記号をクリックしてポリシーを追加するか、鉛筆をクリックして選択したポリシーを編集します。[監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースで、分析設定 をクリックし、左側ペインで 1 つまたは複数のオブジェクトを選択します。選択したオブジェクト タイプのワークロード設定が、右側のペインに表示されます。

ワークロード ポリシー要素を表示して、ポリシーの設定を構成します。

このポリシー要素を構成しないと、選択したベース ポリシーの設定が継承されます。

表 1. [監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースのポリシーのワークロード要素の設定

オプション

説明

ロック アイコン

ポリシー要素の設定をオーバーライドできます。これにより、ポリシーをカスタマイズして、ユーザーの環境内のオブジェクトを監視することができます。

[ワークロード] ドロップダウン メニュー

展開すると、リソース コンテナのリストが表示されます。ワークロード計算のためのリソース コンテナを有効または無効にすることができます。

バッジ スコア症状のしきい値

環境の基準を満たすようにバッジスコアを更新するレベルに、ポリシー要素の症状しきい値を設定します。vRealize Operations Manager は、症状しきい値を使用して [アラートの概要] と [ダッシュボード] のスコアに表示されるアラートをトリガーします。

環境 > オブジェクト > 分析 > ワークロード を選択して、選択されたオブジェクトの負荷ポリシー設定のバッジ スコア症状のしきい値を表示します。値はオブジェクトに適用されるポリシーで定義されます。

表 2. [監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースのポリシーのワークロード要素の設定

オプション

説明

ロック アイコン

ポリシー要素の設定をオーバーライドできます。これにより、ポリシーをカスタマイズして、ユーザーの環境内のオブジェクトを監視することができます。

[ワークロード] ドロップダウン メニュー

展開すると、リソース コンテナのリストが表示されます。ワークロード計算のためのリソース コンテナを有効または無効にすることができます。

バッジ スコア症状のしきい値

環境の基準を満たすようにバッジスコアを更新するレベルに、ポリシー要素の症状しきい値を設定します。vRealize Operations Manager は、症状しきい値を使用して [アラートの概要] と [ダッシュボード] のスコアに表示されるアラートをトリガーします。

環境 > オブジェクト > 分析 > ワークロード を選択して、選択されたオブジェクトの負荷ポリシー設定のバッジ スコア症状のしきい値を表示します。値はオブジェクトに適用されるポリシーで定義されます。