環境内に存在するカスタム データセンターのリストと、その健全性、リスク、効率のサマリ ビューを表示できます。このビューでは、カスタム データセンターをクリックして、カスタム データセンターがトリガーしたオブジェクトのトップ アラートを表示できます。

カスタム データセンターの機能

vSphere では、データセンターは、vCenter Server インスタンスが管理するオブジェクトのコンテナとして機能します。vRealize Operations Manager では、カスタム データセンターは、vRealize Operations Manager が監視する複数の vCenter Server インスタンスのオブジェクトを含むことができるコンテナです。

カスタム データセンターには、vCenter Server インスタンス、データセンター、クラスタ、ホスト、仮想マシン、データストアを含めることができます。カスタム データセンターには特定の vSphere オブジェクト タイプを追加できます。

オブジェクトを追加すると、オブジェクトの階層の子もカスタム データセンターの一部になります。オブジェクトは複数のカスタム データ センターに属することができます。

カスタム データセンターを作成すると、vRealize Operations Manager は、オブジェクトが複数の vCenter Server インスタンスにまたがる場合でも、カスタム データセンターのオブジェクトでキャパシティ分析を実行します。たとえば、複数のクラスタにまたがるキャパシティ分析データと、これらのクラスタを管理する複数の vCenter Server インスタンスを調査する必要があるとします。1 回に 1 つのクラスタや 1 つの vCenter Server インスタンスを調査する必要はありません。カスタム データセンターを作成し、すべてのクラスタを追加し、1 つの場所でキャパシティ分析を確認できます。

カスタム データセンターを確認できる場所

左側のペインで 環境 を選択し、カスタム データセンター タブをクリックます。

表 1. カスタム データセンター ツールバーとグリッド オプション

オプション

説明

ツールバー オプション

ツールバーのオプションは、カスタム データ センターの管理に使用します。

  • 新しいカスタム データセンターの追加。カスタム データ センターを追加します。

  • カスタム データセンターの編集選択したカスタム データセンターを変更します。

  • カスタム データセンターの削除。選択したカスタム データセンターを削除します。

  • カスタム データセンターのクローン作成。必要に合わせて、選択したカスタム データセンターのコピーを作成してカスタマイズします。

フィルタ

カスタム データセンターのリストを、フィルタ テキストボックスに入力したテキストと一致するデータセンターに制限します。

データ グリッド

環境内のカスタム データセンターの一覧を作成し、それぞれの健全性、リスク、効率を表示します。

カスタム データセンターの健全性、リスク、効率のサマリを サマリ タブに表示するには、カスタム データセンター名をクリックします。カスタム データセンターを編集、削除、クローン作成するには、カスタム データセンター名の右側をクリックします。次に、ツールバー オプションをクリックします。