vRealize Operations Manager を構成するクラスタ ノードを作成する場合、vRealize Operations Manager のパフォーマンスと信頼性を向上させるための追加のベストプラクティスがあります。

ベスト プラクティス

  • vRealize Operations Manager 分析クラスタ ノードは単一データセンターの同じ vSphere クラスタに展開し、ノードを一度に 1 つだけクラスタに追加して、これが完了してから別のノードを追加するようにします。

  • 高度に統合された vSphere に分析クラスタ ノードをデプロイする場合、最適なパフォーマンスを得るにはリソース予約が必要になることがあります。

    CPU の準備時間と相互停止を確認することによって、物理 CPU に対する仮想 CPU の比率がパフォーマンスに影響しているかどうかを判断します。

  • 分析クラスタ ノードを同じタイプのストレージ階層にデプロイします。

  • 分析クラスタ ノードのサイジング要件とパフォーマンス要件に適合し続けるために、Storage DRS 非アフィニティ ルールを適用して、各ノードが異なるデータストア上に置かれるようにします。

  • 意図しないノードの移行を避けるために、Storage DRS を手動に設定します。

  • 分析クラスタ ノード間でパフォーマンスのバランスを取るために、同じプロセッサ周波数の ESXi ホストを使用します。周波数および物理コア数が混在していると、分析クラスタのパフォーマンスに影響する可能性があります。

  • パフォーマンスの低下を回避するために、大規模で実行する場合、vRealize Operations Manager 分析クラスタ ノードで保証済みリソースが必要です。vRealize Operations Manager ナレッジベースには、オブジェクトの数、監視するメトリック、HA の使用などに基づいてリソースを計算するサイズ設定スプレッドシートが含まれます。サイズを設定するときは、リソースを少なく割り当てるのではなく、多く割り当てることをお勧めします。

    詳細については、ナレッジ ベースの記事 2093783 を参照してください。

  • ノードからロールが変更される場合があるため、「マスター」、「データ」、「レプリカ」のようなマシン名は使用しないでください。変更されるロールの例には、データ ノードを HA のレプリカに変える場合や、レプリカにマスター ノード ロールを引き継がせる場合などがあります。

  • NUMA の配置は、vRealize Operations Manager 6.3 以降で削除されました。OVA ファイルの NUMA 設定に関する手順は次のとおりです。

    表 1. NUMA 設定

    操作

    説明

    vRealize Operations Manager クラスタのステータスをオフラインに設定します。

    1. vRealize Operations Manager クラスタをシャットダウンします。

    2. クラスタを右クリックし、設定の編集 > オプション > 詳細 をクリックします。

    3. 構成パラメータ をクリックします。vSphere Client で、仮想マシンごとにこの手順を繰り返します。

    NUMA 設定の削除

    1. 構成パラメータで、設定 numa.vcpu.preferHT を削除し、OK をクリックします。

    2. OK をクリックします。

    3. vRealize Operations クラスタ内のすべての仮想マシンについてこの手順を繰り返します。

    4. クラスタをパワーオンします。

    注:

    適切なリソースの可用性と継続的な製品のパフォーマンスを確保するために、CPU 使用率、CPU 準備状況、および CPU 競合時間を確認して、vRealize Operations のパフォーマンスを監視します。