左側のペインの 環境 アイコンでオブジェクトを選択して、詳細 タブをクリックすると、表示 タブを利用できるようになります。

表示 タブは 2 つのパネルに分かれています。下部のパネルは、上部のパネルで選択した内容に応じて更新されます。

上部のパネルでは、ビューの作成、編集、削除、クローン作成、エクスポート、インポートを実行できます。ビューのリストは、環境で選択したオブジェクトに応じて変わります。各ビューには 1 つのオブジェクトが関連付けられています。たとえば、ホストを選択すると、事前定義された [仮想マシン インベントリ - メモリ] リスト ビューが表示されます。

パネルの右側からフィルタを追加すると、ビューのリストを制限できます。指定された各フィルタ グループは入力した語句でリストを限定します。たとえば 説明 を選択し、my view と入力すると、選択したオブジェクトに該当し、説明に my view が含まれるすべてのビューがリストに表示されます。

表 1. ビューのリストのテーブル列

説明

名前

ビューの名前。

タイプ

ビューのタイプ。ビューのタイプは、収集されたオブジェクトに関する情報が表示される方法です。

説明

ビューが作成されたときに定義されたビューの説明です。

件名

ビューが関連付けられるオブジェクト タイプです。

所有者

ビューの所有者は、ビューを作成したか、ビューを最後に編集したユーザーです。

表示 タブの下部のパネルには、上部のパネルで選択されたビューに基づいて計算されたオブジェクトのデータが表示されます。たとえば選択したオブジェクトがホストである場合、[仮想マシンの構成サマリ リスト ビュー] を選択すると、表示結果として、そのホスト上のすべての仮想マシンのリストと、ビューに基づいて計算されたデータが表示されます。

トレンド ビューの場合は、親オブジェクトを選択すると、関連する子オブジェクトに関するデータとメトリックが 表示 タブの下部のパネルに表示されます。