vRealize Operations Managerのメリットを最大限に活かし、セキュリティ保護されたインフラストラクチャを実現するには、安全な VMware vSphere 環境が必要です。

VMware vSphere環境を評価し、適切なレベルの vSphere 強化ガイダンスが実施され、維持されていることを確認します。

強化ガイダンスの詳細については、http://www.vmware.com/security/hardening-guides.htmlを参照してください。

Linux インストール環境の場合の強化

Linux の強化およびセキュリティ上のベスト プラクティスに関する適切なガイドラインで規定されている推奨事項を確認し、Linux ホストが適切に強化されていることを確認します。強化ガイドラインに従っていない場合、Linux リリース上の安全でないコンポーネントによる既知のセキュリティ脆弱性にシステムがさらされることがあります。

vRealize Operations Managerは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6(バージョン 6.5 以降)へのインストールがサポートされています。