Endpoint Operations Management エージェントをインストールする前に、準備作業を行う必要があります。

始める前に

  • SSL 通信のために管理しているキーストアを使用するようエージェントを構成するには、ホストでエージェントの JKS フォーマットのキーストアをセットアップし、その SSL 証明書をインポートします。キーストアのフル パスとパスワードをメモします。このデータはエージェントの agent.properties ファイルに指定する必要があります。

    エージェントのキーストアのパスワードとプライベート キーのパスワードが同じであることを確認します。

  • エージェントの HQ_JAVA_HOME の場所を定義します。

    vRealize Operations Manager のプラットフォーム固有のインストーラには JRE 1.8.x が含まれています。環境と使用するインストーラによっては、JRE の場所を定義して、エージェントが使用する JRE を見つけられるようにする必要があります。Endpoint Operations Management コンポーネントの JRE の場所の構成 を参照してください。