オブジェクト タイプをフィルタリングして設定を変更すると、それらの設定がvRealize Operations Managerで適用されます。 これにより、必要なデータがダッシュボードとビューに表示されます。

[分析設定] ワークスペースの仕組み

ポリシーの分析設定をオンにして構成することにより、vRealize Operations Managerがアラートのトリガやデータの表示に使用するポリシー要素の設定をオーバーライドできます。 このタイプの設定には、アラートに基づくバッジスコア症状しきい値、残り容量や残り時間を計算するための状況設定(コミットされたプロジェクトなど)、その他の詳細な設定があります。

ポリシー要素設定を展開して、特定のポリシーを取得するための値を構成します。たとえば、容量を解放するには、容量の割合を設定し、リソースが過剰サイズ状態、アイドル状態、またはパワーオフ状態になったときに、vRealize Operations Managerによってその旨が通知されるようにします。

ポリシーの適用対象はオブジェクトとオブジェクト グループです。ローカル ポリシーのポリシー要素設定を構成する場合、オブジェクト タイプ、および予期通りにダッシュボードとビューに表示する結果を考慮する必要があります。設定をまったく変更しないと、ローカル ポリシーは、選択したベース ポリシーから継承した設定をそのまま保持します。

ポリシー分析設定を設定できる場所

ポリシーの分析設定を設定するには、管理ポリシーポリシー ライブラリ タブの順にクリックします。次にプラス記号をクリックしてポリシーを追加するか、鉛筆をクリックしてポリシーを編集します。[監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースの左側で、分析設定 をクリックします。ワークスペースへの表示対象として選択したホスト システム、仮想マシン、その他のオブジェクト タイプの分析設定。

表 1. [監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースでの分析設定

オプション

説明

次の変更を表示

オブジェクトを選択して変更内容を表示します。

  • すべてのオブジェクト タイプ。有効化および無効化されたアラート定義、症状定義の数およびメトリックとプロパティ、有効化および無効化された変更の数、オブジェクト タイプ グループおよび各グループのローカルのポリシー要素の数を表示します。

  • オーバーライドを持つすべてのオブジェクト タイプ。変更が適用されたオブジェクト タイプ、およびオーバーライド対象として選択されたオブジェクト タイプを表示します。ドロップダウン メニューを使用してオブジェクト タイプを選択します。[フィルタ] ボタンをクリックして選択したオブジェクト タイプをリストに追加し、設定をプレビューおよび構成できるようにします。

  • オブジェクトの新規セットに対して設定を追加。オブジェクト タイプの一覧を表示します。この一覧で、ストレージ デバイス > SAN などのオブジェクト タイプを選択し、選択したオブジェクトを [オブジェクト タイプ] リストに追加できます。

右側のペイン - オブジェクト タイプの分析設定

右側のペインには、左側のペインで選択したオブジェクト タイプの一覧が表示されます。

オブジェクト タイプのポリシー要素と設定のビューを展開して、vRealize Operations Managerにオブジェクト タイプを分析させることができます。

オブジェクト タイプのビューを展開して、次のポリシー要素のしきい値設定を表示または変更できます。

  • ワークロード

  • 異常

  • 障害

  • 残りの容量と時間

  • 負荷

  • コンプライアンス

  • 解放可能な容量

  • 密度

  • 時間の範囲

各要素の右側にあるロック アイコンをクリックして、設定をオーバーライドし、ポリシーのしきい値を変更します。