vRealize Operations Manager ノード上のファイルにアラートのログを出力するように vRealize Operations Manager を構成する場合は、ログ ファイル プラグインを追加します。vRealize Operations Manager を複数ノード クラスタとしてインストールした場合、各ノードは監視しているオブジェクトのアラートを処理し、そのログを記録します。各ノードは、処理しているオブジェクトのアラートのログを記録します。

このタスクについて

ログ ファイルにすべてのアラートが追加されます。他のアプリケーションを使用してログのフィルタリングや管理を実行できます。

前提条件

ターゲットの vRealize Operations Manager ノードのファイル システム パスに対する書き込みアクセスがあることを確認します。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、管理 アイコンをクリックします。
  2. 送信設定 をクリックし、プラス記号をクリックしてプラグインを追加します。
  3. プラグイン タイプ ドロップダウン メニューで、ログ ファイル を選択します。

    ダイアログ ボックスが拡張され、ログ ファイルに関する設定が行えるようになります。

  4. アラート出力フォルダ テキスト ボックスで、フォルダ名を入力します。

    ターゲット場所にフォルダが存在しない場合は、プラグインによってターゲット場所にフォルダが作成されます。デフォルトのターゲット場所は、/usr/lib/vmware-vcops/common/bin/ です。

  5. 保存 をクリックします。
  6. このプラグインの送信アラート サービスを開始するには、リスト内のインスタンスを選択し、ツールバーの 有効化 をクリックします。

タスクの結果

ログ ファイル プラグインのインスタンスが構成され、稼働状態になります。

次のタスク

プラグインが開始されると、アラートのログがファイルに記録されます。アラートが生成、更新、またはキャンセルされたときに、ログ ファイルがターゲット ディレクトリに作成されたことを確認します。