ビューの可視性では、vRealize Operations Manager内でビューを表示できる場所を定義します。

ビューの可視性を変更するには、左側のペインで 内容 > ビュー を選択します。 [ビュー] ツールバーで、プラス記号をクリックしてビューを追加するか、鉛筆をクリックして選択したビューを編集します。ワークスペースの左側で 可視性 をクリックします。 新しいビューを作成する場合は、前述の必要な手順を実行してください。

表 1. ビューのワークスペースの可視性オプション

オプション

説明

可用性

vRealize Operations Manager内で、このビューを表示する場所を選択します。ダッシュボードにビューを表示する場合は、チェック ボックスを選択し、ビュー ウィジェットを追加して構成します。

詳しい分析

バッジを選択して、[詳しい分析] でビューが使用できるようにします。

[詳しい分析] セクションは、オブジェクトの [分析] タブに表示されます。バッジでビューを表示できるようにすると、そのバッジの [詳しい分析] セクションにビューへのリンクが表示されます。このリンクをクリックすると、提供された情報を分析できます。

ブラックリスト

このビューを表示しないサブジェクト レベルを選択します。

たとえば、サブジェクト仮想マシンにはリスト ビューがあります。このビューは、その任意の親オブジェクトを選択すると表示されます。ここで、データセンターをブラックリストに追加します。すると、データセンター レベルでは、ビューは表示されなくなります。