アラートを経時的に評価するには、データストアの現在のアラートおよび症状と他のアラートおよび症状、他のイベント、他のオブジェクトと時系列で比較します。

始める前に

電子メールで受け取ったアラート メッセージのアラートに対応していることを確認します。E メールのアラートに対する応答 を参照してください。

このタスクについて

ネットワーク運用エンジニアは、タイムライン タブを使用して、このアラートを環境内の他のアラートおよびイベントと比較します。これにより、1 つ以上のアラートの推奨を適用することによって、ディスク領域が不足しているデータストアの問題を解決できるかどうかを判断することができます。

手順

  1. vRealize Operations Manager の左側のペインで、アラート アイコンをクリックします。
  2. アラート名のリンクをクリックします。

    中央のペイン表示が変更され、アラートの詳細タブが表示されます。

  3. タイムライン タブをクリックします。

    タイムライン タブに、影響を受けるオブジェクトに対して生成されたアラートおよびトリガーされた症状が、スクロール可能なタイムライン形式(アラートの生成時点から開始される)で表示されます。

  4. 他のアラートがそのオブジェクトに対して生成されているかどうかを判別するには、他のアラートのボタンをクリックしてください。

    この例では、データストアのアラートがリスク アラートを生成しているため、タイムラインに追加される他のアラートは健全性と効率です。最下部にある週のタイムラインをスクロールします。

  5. アラートの原因である可能性があるイベントを表示するには、イベント タイプの選択 をクリックして、各イベント タイプのチェック ボックスをクリックします。

    オブジェクトに関連したイベントが、タイムラインに追加されます。オブジェクトの現在の状態、および推奨が問題を解決できるかどうかの評価に対してこれらのイベントを追加します。

  6. 先祖イベントの表示 をクリックして、ホスト を選択します。

    このアラートはディスク領域に関連しているため、タイムラインにホストを追加すると、このホストに対して生成されているアラートおよび症状を確認できるようになります。タイムラインをスクロールすると、関連アラートのいくつかはいつ開始されていますか? それらがタイムラインに表示されなくなったのはいつですか? データ オブジェクトの状態に対する影響はどのようなものですか?

  7. ピア イベントの表示 をクリックします。

    他のデータストアで現在調査中のアラートに関連するアラートが発生している場合は、他のデータストアのそれらのアラートがいつ生成されたかを確認すると、環境内で発生しているリソースの問題を判別するのに役立ちます。

  8. キャンセルされたアラートをタイムラインから削除するには、ステータスの選択 をクリックして、キャンセル済み チェック ボックスの選択を解除します。

    キャンセルされたアラートおよび症状をタイムラインから削除すると、表示が分かりやすくなり、現在のアラートに集中できるようになります。

次のタスク