vRealize Operations Managerには、使用環境内のオブジェクトの特定のメトリックとプロパティを監視するためにダッシュボードに追加することができるウィジェットのリストが表示されます。

ウィジェットをダッシュボードに追加する場所

ウィジェットをダッシュボードに追加するには、左側のペインで 内容 > ダッシュボード を選択します。ダッシュボード ツールバーで、プラス記号をクリックしてダッシュボードを追加するか、鉛筆アイコンをクリックして選択したダッシュボードを編集します。ワークスペースの左側で、ウィジェット リスト をクリックします。ダッシュボードを作成する場合は、ワークスペースに関する必要な手順を完了しておきます。

ウィジェットをダッシュボードに追加する方法

ワークスペースの左側に、事前定義されているすべてのvRealize Operations Managerウィジェットのリストが表示されます。ダッシュボードにウィジェットを追加するには、右側のコンテンツ領域にウィジェットをドラッグします。

ウィジェットを見つけるには、フィルタ オプションにウィジェットの名前または名前の一部を入力します。たとえば、キャパシティと入力すると、リストにフィルタが適用されて、残りキャパシティ ウィジェット、キャパシティ使用率ウィジェット、節約可能なキャパシティ ウィジェットが表示されます。その後、必要なウィジェットを選択できます。

情報を表示するため、ほとんどのウィジェットを個別に構成する必要があります。各ウィジェットの構成方法の詳細については、ウィジェットを参照してください。

ダッシュボードでウィジェットを配置する方法

必要に応じてダッシュボードのレイアウトを変更できます。最初に追加するウィジェットは、配置した位置に関係なくデフォルトで自動的に水平方向に配置されます。ウィジェットは、幅に基づいて、ダッシュボードの最上部まで移動されます。

  • ウィジェットの位置を変更するには、レイアウト内の目的の場所へウィジェットをドラッグします。他のウィジェットが自動的に再配置されて場所が確保されます。

  • ウィジェットのサイズを変更するには、ウィジェットの右下隅をドラッグします。