障害症状の定義は、vRealize Operations Manager 環境に定義された障害ベースの症状の一覧です。 この一覧の情報を使用して、定義済み障害メッセージ イベントを評価し、症状を追加、編集、またはクローン作成するかどうかを判断します。

障害症状を確認できる場所

障害メッセージ イベントに基づく症状を管理するには、左側のペインで 内容 をクリックして、症状の定義 > 障害の症状の定義 を選択します。

アラートの定義のワークスペースでアラートを定義する通りに症状を定義することもできます。

表 1. 障害症状の定義のオプション

オプション

説明

ツールバー オプション

ツールバー オプションを使用して症状を管理します。[Ctrl] または [Shift] を押しながらクリックすることで、複数の症状を選択できます。

  • 追加。症状の定義を追加します。

  • 編集。選択した症状の定義を変更します。変更は、この症状を含むアラート定義に影響します。バッジを管理している症状を編集することはできません。

  • 削除。選択した症状の定義を削除します。アラート定義で使用されているアラートを削除することはできません。症状を削除するには、まず、その症状が使用されているアラート定義から症状を削除する必要があります。バッジを管理している症状を削除することはできません。

  • クローン作成。選択した症状の定義のコピーを作成します。

  • エクスポートとインポート。1 つの vRealize Operations Manager からファイルを xml としてエクスポートできます。これにより、そのファイルを別のインスタンスにインポートできます。ファイルをインポートするときに競合が発生した場合、既存のファイルをオーバーライドするか、新しいファイルのインポートを中止することができます。

フィルタ オプション

フィルタと一致する症状にリストを限定します。

症状

症状の分かりやすい名前。

アダプタ タイプ

症状が構成済みアダプタ タイプ。

オブジェクト タイプ

症状が定義される対象の基本オブジェクト タイプ。

障害

リソース タイプに基づいて選択された障害。

定義条件

症状がユーザーによって作成されたものか、ソリューション アダプタを使用して提供されたものかを示します。